Rakuten infoseek

辞書

八重【ヤエ】

デジタル大辞泉

や‐え〔‐へ〕【八重】
八つ重なっていること。転じて、数多く重なっていること。また、そのもの。「七重の膝(ひざ)を八重に折る」
花びらが数多く重なっていること。また、その花。重弁(じゅうべん)。「八重の椿(つばき)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やえ【八重】
八つ重なっていること。
いくつも重なっていること。 「 -雲」 「 -霧」 「 -霞」 「 -葺き」
特に、花弁が何枚も重なっていること。 「 -の桜」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

八重 (ヤエナリ)
植物。葵の短い頭豆。フタナリマメの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

や‐え ‥へ【八重】
〘名〙
① 八つ重なっていること。転じて、数多く重なっていること。また、そのもの。
※古事記(712)下・歌謡「大君の 心を緩(ゆら)み 臣の子の 夜幣(ヤヘ)の柴垣 入り立たずあり」
② 特に、花片が幾片も重なっていること。また、その花。重弁
※万葉(8C後)二〇・四四四八「あぢさゐの夜敞(ヤヘ)咲くごとくやつ代にをいませわが背子見つつしのばむ」
③ 江戸時代、吉原の遊里で、遊女に客がないこと。「菅原伝授手習鑑」の丸の妻八重が、夫の切腹によって一人とり残されたところからいう。
洒落本・廓節要(1799)「『お茶をひいた事を八重(ヤヱ)といふじゃアねへか』『一人取のこされかおきゃアがれ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

や・える やへる【八重】
〘自ハ下一〙
① 重なる。幾重にも重なる。
※雑俳・天狗七部集(1847)「出して来る火桶・お気の短かい用が八重る」
② 満ちる。特に、潮が満ちる。満潮となる。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)三「快晴の潮やゑたるとき、陸より望見れば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八重」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八重の関連情報

他サービスで検索

「八重」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.