Rakuten infoseek

辞書

八方【ハッポウ】

デジタル大辞泉

はっ‐ぽう〔‐パウ〕【八方】
四方と四隅。東・西・南・北と北東・北西・南東・南西の八つの方角。
あらゆる方面。ほうぼう。「八方に目を配る」「八方丸くおさまる」
八方行灯(あんどん)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はっぽう【八方】
東西南北と北東・北西・南東・南西の八つの方角。また、あらゆる方角。 「 -手をつくす」 「四方-」
「八方行灯」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっ‐ぽう ‥パウ【八方】
〘名〙
① 四方と四隅。東・西・南・北と北東・北西・南東・南西の八つの方角
※拾芥抄(13‐14C)下「八方 震〈東〉巽〈辰巳〉離〈南〉坤〈未申〉兌〈西〉乾〈戌亥〉坎〈北〉艮〈丑寅〉」
② あらゆる方向。諸方。方々。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「太子奏曰。八方之政。以使知之。願遣使三道。以察国境
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「その石八方(ハッホウ)へ散乱したりしかば」
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)序幕「よき所に大きなる八方、すべて台所中の間の見得」
④ 「はっぽうごま(八方独楽)」の略。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八方の関連情報

他サービスで検索

「八方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.