Rakuten infoseek

辞書

八拍子【ヤツビョウシ】

デジタル大辞泉

やつ‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【八拍子】
能楽で、囃子(はやし)のリズムの基本単位。8個のを一単位とする本地(ほんじ)を中心に、4拍一単位のトリ、6拍一単位の片地、2拍一単位のオクリなどを交える。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やつびょうし【八拍子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やつびょうし【八拍子】
能の音楽(謡と囃子はやし)と舞における拍節上の基本単位。一クサリ(一単位)は八拍より成る。能の詞章・旋律・楽句・舞の型はすべてこれを基本単位として構成されるが、時には例外的な拍数(四・二・六など)の単位も交えられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やつ‐びょうし ‥ビャウシ【八拍子】
〘名〙
① 能で、謡や囃子のリズムの基本単位。一単位は八拍より成り、詞章・旋律・楽句はこれをもとに構成される。やひょうし。地拍子。
※五音三曲集(1460)「およそ、拍子は八拍子なり。本拍子四、間の拍子四なり」
② 江戸時代、市村座の座元羽左衛門家に伝えられたという芸能。三味線を伴奏とし、扇二本を持って仕舞風に舞った。謡曲風の拍子に妙味があったか。〔随筆・耳嚢(1784‐1814)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八拍子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八拍子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.