Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

八手網【はちだあみ】

世界大百科事典 第2版

はちだあみ【八手網】
漁網の中央部が緻密で,外側が広めの風呂敷状の浮敷網(うきしきあみ)。〈八田網〉とも書く。棒受網の規模を拡大した多艘張網で,網の大きさは中位のもので9mほどある。この網は水深約40mの岩浜で,駆具,撒餌(まきえ),篝火(かがりび)などを使って魚群を網上に誘い,漁獲する。漁獲物はイワシを主に,アジ,ムロ,サバである。漁法は網が潮流を受けて,海中に帆を張った形になるように敷き,網上に魚群が来ると,網の曳綱を引いて狭め,タモ網ですくって漁獲する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

八手網
やつであみ

網漁具の一種で、多艘(そう)浮敷網とも称すべき網漁具。すなわち2艘以上の漁船により操業される大型の張網である。八田網(はちだあみ)とも呼称されている。網は浮子方(あばかた)70メートル以上、沈子方(ちんしかた)35メートルを超える大型の網で、浅い袋状をなすようにつくられている。漁法は、2艘の網船が投網(とうもう)したのち、投錨(とうびょう)するか、航走して網型を保持し、魚群が自然に乗網するか、魚群を駆具、撒餌(まきえ)あるいは集魚灯を用いて網の上に集め、引綱により網の沈子方および両側を迅速に引き上げ、順次網を船内に繰り入れていき、魚群を魚捕部に集めて漁獲する。操業水域はごく沿岸に限定されており、イワシ、アジ、サバなどを漁獲する。

[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やつで‐あみ【八手網】
〘名〙 四手網に、さらに四本の手を添えた漁網。やつで。
※地方凡例録(1794)五「鰯分一金 〈略〉亦まかせと云あみあり。〈略〉其内にて八手あみを用ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八手網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八手網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.