Rakuten infoseek

辞書

八幡製鉄所【やわたせいてつじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八幡製鉄所
やわたせいてつじょ
かつての日本最大の鉄鋼会社。明治中頃,特に日清戦争を契機として鉄鋼の需要が増え,また備増強および産業資材用鉄鋼の生産増大をはかるため,1896年の第9回帝国議会で官営製鉄所建設案が可決,翌 1897年筑豊炭田を後背に抱える福岡県八幡村枝光(今日の北九州市八幡東区)で建設が開始された。設計から建設までをドイツのグーテホフヌングスヒュッテが担当。1899年中国湖北省ターイエ(大冶)鉄鉱山鉄鉱原料とする長期契約が結ばれ,1901年2月5日,日本初の銑鋼一貫製鉄所(→銑鋼一貫作業)として操業を開始。設立当初農商務省の管轄であったが,1925年商工省の所管となった。日露戦争後は飛躍的発展を遂げて北九州工業地域の主要工場となり,当初 6万tの生産を目標にしていたが,操業十数年後には全国生産の 7~8割を占めた。1934年製鉄大合同により日本製鉄所属となり,第2次世界大戦後の 1950年,日本製鉄が過度経済力集中排除法の適用を受けて分割されたことにより,富士製鉄とともにその第二会社,八幡製鉄として発足。1970年再び富士製鉄と合併して新日本製鐵となった。戦前日本の近代化を推進する重工業の発展過程において中心的役割を果たした存在であるとして,2015年,官営八幡製鉄所関連施設が「明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼造船石炭産業」として世界遺産文化遺産に登録された。(→鉄鋼業

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やはた‐せいてつじょ【八幡製鉄所】
明治34年(1901)日本初の銑鋼一貫操業を開始した官営製鉄所。昭和9年(1934)半官半民の日本(にほん)製鉄となり、第二次大戦後、過度経済力集中排除法などに基づき八幡製鉄・富士製鉄など4社に分割、昭和45年(1970)に富士製鉄と合併して新日本製鉄となる。平成27年(2015)「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の名で、旧本事務所・旧鍛冶工場・修繕工場・遠賀川水源地ポンプ室の四つの関連施設が世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やわた‐せいてつじょ〔やはた‐〕【八幡製鉄所】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やはたせいてつじょ【八幡製鉄所】
〈やわたせいてつじょ〉とも呼ぶ。1901年(明治34)に官営製鉄所として操業を開始して以降,第2次大戦前の日本鉄鋼業の発展過程において一貫して中心的役割を果たした近代的な銑鋼一貫製鉄所。設立当初は,正称ではあるが,名なしにも等しい〈製鉄所〉(農商務省所管,1925年以降は商工省所管)という呼名しかなかったが,しだいに八幡製鉄所と呼ばれるようになっていった。1925年以降日本の近代化・資本主義化を推進するうえで鉄鋼業の保護・育成は軍事上・経済上不可欠であったが,とくに日清戦争の勃発(1894)により,官営製鉄所の建設が急務となり,1896年第9回帝国議会において農商務省所管の製鉄所建設案が可決成立し,同年3月製鉄所官制が公布された(4月1日施行)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やわたせいてつじょ【八幡製鉄所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やはたせいてつじょ【八幡製鉄所】
やわたせいてつじょ八幡製鉄所

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やわたせいてつじょ【八幡製鉄所】
1901年(明治34)、重工業の基礎となる鉄鋼の国産化を目指し、高炉による銑鋼一貫生産を開始した官営製鉄所。軍需産業の基幹として政府および軍の管轄下に置かれ、34年(昭和9)、鉄鋼トラストである日本製鉄株式会社に発展した。第二次大戦後、富士・八幡の両社に分割解体、70年再び合併して、新日本製鉄となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

八幡製鉄所
やはたせいてつしょ
第二次世界大戦前、日本の鉄鋼業において中心的役割を担った官営製鉄所。明治20年代の近代工業の発達と日清(にっしん)戦争を契機とする鉄鋼需要に応じるため1896年(明治29)に公布された「製鉄所官製」に基づき、日清戦争による賠償金の一部を使用しドイツ人技師の指導を受けて福岡県八幡村に建設された。1901年(明治34)に第一高炉に火入れし、わが国初の近代的銑鋼一貫工場として操業を開始した。日露戦争後の鉄鋼需要の急増に対して相次ぎ拡張計画を実施、第一次世界大戦による鉄鋼ブームのもとで1916年(大正5)に粗鋼年産100万トンを目標とする第三次拡張計画に着手した。しかし、大戦後の慢性的な不況と外国鋼材のダンピング攻勢によって日本の鉄鋼業は大きな打撃を受け、官営製鉄所も厳しい合理化を迫られた。そうした状況下で鋼材の安定自給を目ざして官営製鉄所は民間製鉄5社と合併、1934年(昭和9)に日本製鉄となった。これに伴い「製鉄所」は正式名称を「八幡製鉄所」と改めた。[中村清司]
『八幡製鉄株式会社編・刊『八幡製鉄所五十年史』(1950) ▽新日本製鉄株式会社編・刊『八幡製鉄所八十年史』(1980)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やはた‐せいてつじょ【八幡製鉄所】
明治三四年(一九〇一)、福岡県の八幡(一)で日本初の高炉による銑鋼一貫生産を開始した官営製鉄所。軍需産業の基幹として政府と軍の管轄下におかれ、日本鉄鋼業の発達を主導した。昭和九年(一九三四)半官半民の日本製鉄株式会社となり、第二次世界大戦後は、富士製鉄、八幡製鉄などに分割解体したが、昭和四五年に再合併して新日本製鉄となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

八幡製鉄所
やはたせいてつじょ
1897年,福岡県八幡(現北九州市)に設置された,日本最初の本格的官営製鉄所
明治政府の富国強兵政策,特に日清戦争(1894〜95)後の軍部の重工業に対する強い関心により日清戦争の賠償金などをもとに'97年着工。中国湖北省の大冶鉄山の鉄鉱を原料とし,1901年操業開始。重工業部門の産業革命の中心的位置を占める。当初は農商務省,'25年以後商工省へ所属。6万tの生産を目標としたが,数次の拡張により'15年には銑鉄25万t,粗鋼38万t,鋼材26万5000tで,国内生産の80%を占めた。'34年民間の主要製鉄会社を合併して日本製鉄株式会社(日鉄)となったが,敗戦後日鉄が解体し,八幡製鉄と富士製鉄に分離。'70年3月,再び合併して新日本製鉄となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡製鉄所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八幡製鉄所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.