Rakuten infoseek

辞書

八岐大蛇【やまたのおろち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八岐大蛇
やまたのおろち
古事記』『日本書紀』に記されている大蛇出雲簸川 (ひのかわ。斐伊川 ) の上流にすみ,八つの頭,つの,そして真赤な目をもつと伝わる。スサノオノミコト (素戔鳴尊)に退治され,尾から出た天叢雲剣 (あめのむらくものつるぎ。草薙剣 ) はアマテラスオオミカミ (天照大神)に献上された。八つの支流をもつ河川の神格化と解する説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまた‐の‐おろち〔‐をろち〕【八岐大蛇】
日本神話にみえる頭と尾が八つずつある巨大な蛇。出雲簸川(ひのかわ)上流にいて、大酒を好み、毎年一人ずつ娘を食ったが、素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこれを退治して奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、その尾を割いて天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を得たという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまたのおろち【八岐大蛇】
記紀の素戔嗚(すさのお)尊神話にあらわれる怪物。スサノオの命が天界を追放され出雲の国肥河(ひのかわ)(斐伊川)の川上に降ったとき,八岐大蛇を退治して〈いけにえ〉の乙女奇稲田姫(くしなだひめ)を救い,大蛇の尾から草薙剣(三種の神器)を得たと語られている。大蛇は目はホオズキのように赤く,八つの頭と八つの尾を持ち,その身には檜(ひのき)や杉が生え,長さは八つの谷と八つの峯にわたって腹は常に血でただれていたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまたのおろち【八岐大蛇】
〔頭・尾それぞれ八つあり、八岐に分かれる大蛇の意〕
記紀神話に現れる大蛇。出雲国簸河ひのかわの上流にいて、一年に一度老夫婦足名椎あしなづち・手名椎てなづちの娘を一人ずつ吞んでいたが、八人目の時に素戔嗚尊すさのおのみことによって退治された。その尾の中より出た剣が三種の神器の一つ、天叢雲剣あまのむらくものつるぎであるとされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

八岐大蛇
やまたのおろち
八尾(はちび)の神霊の意。記紀神話で、肥河(ひのかわ)の八岐大蛇は年ごとに一人ずつの娘を食い、いままたその大蛇がくると嘆いていた足名椎(あしなづち)・手名椎(てなづち)の夫婦に、最後の娘の奇稲田姫(くしなだひめ)を貢上させるが、素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこの大蛇を酒槽(さかぶね)を用意させて退治する。そのとき、大蛇の尾の中ほどから神剣が現れ、天照大神(あまてらすおおみかみ)に奉献されて三種の神器の一つとなったという。この神話には、世界に広く分布するアンドロメダ型伝承(怪物の供犠(くぎ)となった美女を英雄が助ける話)や、漢の高祖の宝剣、斬蛇剣(ざんだけん)との関連が考えられている。しかし、この伝承の本源は、出雲(いずも)国須我川(すががわ)流域で行われていた豊饒(ほうじょう)祭の蛇神信仰にあり、その伝承はやがて同じ蛇神伝承をもつ肥河流域に移るとともに、新しい鉄文化を背景にもつ素戔嗚尊の伝承に吸収されて変質し、斬蛇剣伝承を加味して定着したものと考えられる。[吉井 巖]
『松前健著『八岐大蛇神話の構造と成立』(『日本神話の形成』所収・1970・塙書房) ▽三谷栄一著『出雲神話の生成』(『日本神話の基盤』所収・1974・塙書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまた‐の‐おろち ‥をろち【八岐大蛇】
身が一つで頭と尾が八つある大蛇。出雲国(島根県)の簸河(ひのかわ)(=斐伊川)の上流にいたが、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が退治し、その尾から「日本書紀」によれば天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)、「古事記」によれば都牟刈(つむがり)の太刀が出たという。
※古事記(712)上「是の高志(こし)の八俣遠呂智(やまたのヲロチ)〈此の三字は音を以ゐよ〉、年毎に来て喫(くら)へり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八岐大蛇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八岐大蛇の関連情報

他サービスで検索

「八岐大蛇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.