Rakuten infoseek

辞書

八女古墳群【やめこふんぐん】

世界大百科事典 第2版

やめこふんぐん【八女古墳群】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国指定史跡ガイド

やめこふんぐん【八女古墳群】

福岡県八女市、八女郡広川町、筑後市にある古墳群。指定名称は「八女古墳群 乗場古墳(のりばこふん) 石人山古墳(せきじんやまこふん) 岩戸山古墳(いわとやまこふん) 善蔵塚古墳(ぜんぞうづかこふん) 弘化谷古墳(こうかだにこふん) 丸山塚古墳(まるやまづかこふん) 丸山古墳(まるやまこふん) 茶臼塚古墳(ちゃうすづかこふん)」。八女古墳群は八女丘陵上、東西十数kmの範囲にある石人山、弘化谷、岩戸山、乗場、善蔵塚、丸山塚、茶臼塚、丸山などを中心とした約300基の古墳からなる。1922年(大正11)に乗場古墳(八女市吉田)が国の史跡に指定され、以降、順次追加指定され、1978年(昭和53)に統合されて名称が八女古墳群に改称された。岩戸山(八女市吉田)を代表とする前方後円墳は12基、また、石人山(広川町一條)、丸山塚(八女市宅間田)を代表とする装飾古墳は5基あり、これらの築造は5世紀から6世紀代と推察されている。なかでも九州最大級の前方後円墳の岩戸山古墳は、墳丘長約135m、後円部径約60m、前方部幅約90m、高さ約17mで、古墳の東北部には祭祀が行われた広場をもつ。『筑後国風土記』逸文により、この古墳は筑紫君磐井(つくしのきみいわい)の墓で築造は6世紀前半代であることが知られ、実年代を知りうる重要な古墳といえる。古墳からは石人・石馬や埴輪(はにわ)なども多数出土し、筑紫君一族の栄華をしのばせる。出土品は岩戸山歴史資料館に展示されている。石人山古墳は全長約110mの前方後円形の装飾古墳で、巨大な家形石棺が納められており、蓋の部分に浮き彫り風に彫刻された直弧文と重圏文が有名である。乗場古墳は、全長約70mの前方後円墳で後円部に開口した横穴式石室の内部には、赤・黄・青の3色を使った三角文や同心円文などが描かれている。善蔵塚古墳(広川町六田)は、一部が削られ盗掘坑もあるが、全長約95mと推定される2段築成の前方後円墳。弘化谷古墳(広川町一條)は、径約40m、高さ約7mの円墳で、横穴式石室の奥壁、天井石などに赤・緑で描かれた幾何学文や線刻文様がある。丸山塚・丸山・茶臼塚の3基が1978年(昭和53)に追加になった古墳で、丸山塚古墳は装飾壁画のある径約33mの円墳、丸山古墳(八女市本)は古墳群の最も東に位置する全長約40mの前方後円墳。茶臼塚古墳(八女市宅間田)は径約24mの円墳である。石人山古墳などの出土品は広川町古墳公園資料館に展示。岩戸山古墳へは、JR九州新幹線ほか久留米駅から西鉄バス「福島高校前」下車、徒歩約10分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

事典・日本の観光資源

八女古墳群
(福岡県八女市・八女郡広川町)
福岡県文化百選 歴史散歩編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八女古墳群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八女古墳群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.