Rakuten infoseek

辞書

八佾【ハチイツ】

デジタル大辞泉

はち‐いつ【八×佾】
中国唐代の雅楽に用いられた。日本に伝わったかどうかは不明。やつらのまい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はちいつ【八佾 bā yì】
古代中国雅楽の舞隊編成名称。その舞を〈八佾の舞〉という。佾とは隊列味で,その編成には2ある。服虔(ふつけん)の説では1佾を8人と定め,天子祭祀には8人8で64人,諸侯は8人6列で48人,大夫(たいふ)は8人4列で32人,士は8人2列で16人とする。杜預(とよ)によると天子は8人8列で64人,諸侯は6人6列で36人,大夫は4人4列の16人,士は2人2列の4人と縦横同数に説く。また楽器も天子は東西南北の4面,諸侯は3面,大夫は2面,士は1面に限ったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちいつ【八佾】
は列の意
古代中国の雅楽の舞の一種。舞人六四人(八人ずつ八列)による豪華な舞。天子の儀式専用の舞とされた。やつらのまい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はち‐いつ【八佾】
〘名〙 (「佾」は舞楽における行列の意) 古く、中国・朝鮮の雅楽に用いられた舞。日本ではかなり昔に絶えた。
※詩序集(1133頃)夜月照階庭詩序〈大江家国〉「八佾婆娑之舞客、対素影以翻裾」 〔論語‐八佾〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八佾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八佾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.