Rakuten infoseek

辞書

全音【ぜんおん】

大辞林 第三版

ぜんおん【全音】
全音階における広狭二種の音程のうち広い方の音程。半音二つ分に相当。長二度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

全音
ぜんおん
whole tone英語
Ganztonドイツ語
全音階を構成する2種の基本単位となる音程のうち、大きいほうを全音、その半分にあたる小さいほうを半音という。全音はまた一全音(長二度)、二全音(長三度)などと音程を表示する単位として用いられることもあり、一全音を略して一音という。全音階は五つの全音と二つの半音からなっており、さらに最小単位である半音のみで分割すると、一オクターブは12半音となる。半音には、全音階中や隣接二音上に生じる短二度をなす全音階的半音と、半音階的変化によって同度上に形成される増一度をなす半音階的半音の2種がある。全音も半音もその幅は音律によって微妙に異なり、いくつかの種類がある。たとえば全音を例にとってみると、平均律ではすべて全音は200セントであるが、純正律では大全音(204セント)と小全音(182セント)の2種が生じ、中全音律ではすべて中全音(193セント)がとられる。半音はさらに複雑に変化する。[南谷美保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐おん【全音】
〘名〙 長二度の音と音のへだたり。平均律では半音二つに相当。純正律では大全音(ド~レ、ファ~ソ、ラ~シ)と小全音(レ~ミ、ソ~ラ)の二種がある。
※楽典初歩(1888)〈内田彌一訳〉「第百九条 二全音及び一半音の音程をなすところの四個の声音は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐おん【全音】
半音二つからなる音程。長2度に相当する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.