Rakuten infoseek

辞書

全真教【ぜんしんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

全真教
ぜんしんきょう
Quan-zhen-jiao
12世紀前半,中国金代に華北地方で成立した道教教団の一派開祖王重陽。その教理のだいたいは,王重陽の作といわれる『立教十五論』にみえ,出家者はに入るべきこと,書物は文字面にとらわれず大意をつかむべきこと,執着心を去ること,打坐 (すなわち坐禅) を修学法の一つにすること,常に雑念をもたず,心を動かさないようにすること,本性を鍛えること,気を調和させること,三界をこえて法身の境地にいたるように努力すべきことなどが,15章に分けて説かれている。それまでの道教と違う特徴は,護符仙人になるための金丹 (→金丹道 ) よりも,真行 (仏教でいう利他) ,真功 (自利) の両面修行や,坐禅や戒律を重視している点にある。のちに新道教と呼ばれるゆえんである。また,『般若心経』を重視して,道教,仏教,儒教の三教調和論を唱えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜんしん‐きょう〔‐ケウ〕【全真教】
中国、金代の王重陽が始めた道教の一派。既成道教が説く迷信的な現世利益を排除し、内面的な修錬を重視した。3代教主の丘処機長春真人)のとき、元朝の尊信を受け、華北全域に広まったが、元朝滅亡後は衰えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんしんきょう【全真教 Quán zhēn jiào】
中国,道教の宗派の一つ。金蓮正宗とも呼ぶ。12世紀後半,道士王重陽によって開かれた。開宗の精神は《立教十五論》に示されており,打坐を修行法とし,性命を鍛錬し,神気を和暢(わちよう)させることの重要性を説いている。王重陽はまた,信徒に《道徳経》《清静経》《般若心経》《孝経》を読むことを勧め,儒仏道三教の一致を説いた。彼は晩年の7年間,山東地方を中心にして布教活動を行い,七宝会,金蓮会,三光会,玉華会,平等会の5会を結成し,いずれも三教の名を冠した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんしんきょう【全真教】
中国、金代、華北地方に成立した道教の一派。王嚞おうてつの創唱。儒仏道三教の一致を説き、また、座禅を取り入れるなど禅宗に近い宗教的実践を重視する。元の王室と結びついて飛躍的に発展。明代以降、次第に衰えた。金蓮正宗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

全真教
ぜんしんきょう
中国、北宋(ほくそう)末から金(きん)・元(げん)代にかけて勃興(ぼっこう)した革新的な新道教諸派のうちもっとも有力な教団。開祖は王(おうてつ)、道号は重陽(ちょうよう)。王は陝西(せんせい)咸陽(かんよう)県の人で、晩年近く山東地方に出て布教に努め、当地の馬従義(ばじゅうぎ)という土豪を弟子とする。これが、王の没後、全真教を継いだ馬丹陽(ばたんよう)である。その後、丘処機(きゅうしょき)(長春真人(ちょうしゅんしんじん))、譚処端(たんしょたん)、王玉陽(おうぎょくよう)広寧(かくこうねい)、孫不二(そんふに)、劉長生(りゅうちょうせい)など、いわゆる七真の七大弟子を収めた。とくに丘処機がモンゴル王朝の信任を得てからは華北に教勢を拡張し、新道教の筆頭として江南の正一(しょういつ)教天師道と並ぶ教団となった。全真教の教義宗風は開祖王の『重陽立教十五論』に示されているが、旧道教の迷信的な呪術(じゅじゅつ)・符(ふろく)(御札)などを排し、内観と修養とによって悟道に達することを目的とするところは、仏教でいえば禅宗に近い。元代では一時は仏教との仏道論争に敗れたが、やがて立ち直り、明(みん)代以後は正一教と教勢を二分して、とくに華北に栄えた。北京(ペキン)の白雲観は「全真第一叢林(そうりん)」とよばれ、その大本山である。[澤田瑞穂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんしん‐きょう ‥ケウ【全真教】
〘名〙 中国、金代に王重陽が開いた道教の一派。禅宗の影響を受け、儒・仏・道三教の調和と修行による悟りを説く。三祖の丘処機(きゅうしょき)がジンギスカンの尊信を得てから華北に発展し、江南の正一教とならんで道教の二大勢力となった。全真道。金蓮正宗。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

全真教
ぜんしんきょう
金代に王重陽 (おうじゆうよう) が開いた道教の一派
金朝治下の社会不安と庶民台頭を背景に,儒学・仏教,特に禅宗を取り入れて,迷信化した道教の改革をはかった。生命の探求を目的とし,戒律も厳正で,特に修行を重視。元の初期から長春真人の龍門派が有力となり,華北の道教の中心勢力になった。本山は北京の白雲観にあり,中華人民共和国の成立後は民間信仰とされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全真教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全真教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.