Rakuten infoseek

辞書

全盛【ゼンセイ】

デジタル大辞泉

ぜん‐せい【全盛】
人気や勢力などが最も盛んな状態にあること。「全盛を誇る」「全盛時代」
遊女などに客が多くついて繁盛すること。
「姉なる人が―の余波(なごり)」〈一葉たけくらべ
はぶりのよいこと。また、そのように振る舞うこと。
「男振り見よげに我が女の手前の―こそ愚かなれ」〈浮・一代女・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぜんせい【全盛】
最も盛んな状態にあること。 「 -をきわめる」 「 -期」
遊女などが、客が多くついて繁盛すること。 「殊に-して親方に大分儲けてくれられた此の太夫/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡
見えを張ったおごり。みせびらかし。 「我が女の手前の-こそ愚なれ/浮世草子・一代女 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐せい【全盛】
〘名〙
① この上なく盛んなこと。栄華をきわめること。
※建武式目(1336)前文「先逐武家全盛之跡、尤可善政哉」
浮世草子・好色万金丹(1694)五「仏の御国喜見城の全盛(ゼンセイ)も爰には勝らじ」 〔五代史‐郭崇韜伝〕
② 遊女などに他をしのぐほど客が多くついてはやること。遊女の売れっ子。人気のある俳優にもいう。
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)吉田玉之丞「いせのようたにて、きょねん中々ぜんせい」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)二「我が身はいにしへ陸奥(みちのく)とて全盛(ゼンセイ)をやりし太夫職」
③ (━する) はぶりのよいこと。豪奢。また、そのようにふるまうこと。みせびらかし。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「かの島原の御ぜんせい、昔になるやそなたぞと」
④ 傲慢な態度。
※洒落本・其あんか(1786)其いほり「をかばしょのきゃくはいやだとのぜんせい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全盛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全盛の関連情報

他サービスで検索

「全盛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.