Rakuten infoseek

辞書

全損【ゼンソン】

デジタル大辞泉

ぜん‐そん【全損】
全面的に損失となること。まるぞん。
損害保険で、保険の目的物の全部が滅失した場合などの損害。保険金額の全額が支払われる。→分損(ぶんそん)
地震保険の損害区分の一つ。居住用建物の主要構造部(壁・柱・床・梁(はり)・屋根・階段)の損害額がその建物の時価の50パーセント以上、または、焼失もしくは流失した部分の床面積が延べ床面積の70パーセント以上となった場合、および、生活用動産(家財)の損害額が家財全体の時価の80パーセント以上となった場合をいう。保険金額の全額が支払われる。→半損大半損小半損一部損

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

全損
次のような場合をいいます。(1)損傷が著しく現在の修理技術水準では原状回復ができない場合(物理的全損) (2)原状回復は可能であるが修理費用が時価を超えてしまう場合(経済的全損)

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

保険基礎用語集

全損
保険の目的の完全な滅失または修繕、回収等の費用が保険価額を超えるような場合のことを指します。換言すれば、保険金額全額の支払を要するような損害が全損です。全損は現実全損(絶対全損ともいう)と経済的全損(海上保険の場合は推定全損)に分類されます。これに至らない損害を分損といいます。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんそん【全損】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんそん【全損】
すべての損失となること。まるぞん。
海上保険の目的物である船舶あるいは積み荷が、沈没などにより全部が失われるか、原状に戻すことが不可能の状態になること。絶対全損と推定全損がある。保険金の全額が支払われる。 ⇔ 分損

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐そん【全損】
〘名〙
① 全部の損失となること。まるぞん。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「朝に仕入れて夕に売れざれば立どころに全損を蒙る可し」
② 海上保険の目的物としての船体あるいは積み荷が全くその形体を滅失し、また、形体はあっても技術的に原状に回復することが不可能な状態になること。この場合、保険者により保険金全額が填補される。全損と推定全損とがある。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全損」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全損の関連情報

他サービスで検索

「全損」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.