Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

全て【スベテ】

デジタル大辞泉

すべ‐て【全て/凡て/総て】
《動詞「す(統)ぶ」の連用形+接続助詞」から》
[名]ある物や、ある事の全部。いっさい。「―を知る」「見るもの―が珍しい」「金が―の世の中」
[副]
ことごとく。残らず。「財産を―投げ出す」「見たことを―話す」
おおよそ。大体。総じて。
「―、きむぢ、いとくちをし」〈かげろふ・中〉
(打消しの語を伴って用いる)全然。まるっきり。
「―音もせで五六日になりぬ」〈大和・一〇三〉
[用法]すべて・全部みな――「植木がすべて(全部・みな)枯れた」「で失敗して財産をすべて(全部・みな)失った」「島民はすべて(全部・みな)避難した」など、通じて用いられる。◇「すべて」「全部」は、「在庫はすべて(全部)売り切れた」「会員すべて(全部)が反対だ」のように、物についても人についても使う。◇「みな」は「みな、出かけようか」という代名詞としての用法があるように、特に人について多く使われる。「みなで協力しよう」「みな帰ってしまった」などの文脈では「すべて」「全部」は不適当である。◇「すべて」は文章語的で、「みな」「全部」は口語的である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全て」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全ての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.