Rakuten infoseek

辞書

入門【ニュウモン】

デジタル大辞泉

にゅう‐もん〔ニフ‐〕【入門】
[名](スル)
門のうちにはいること。「葷酒(くんしゅ)の入門するを許さず」
師について、弟子となること。「落語家に入門する」
学問・技芸などを学びはじめること。「パソコンの入門書」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いりかど【入門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にゅうもん【入門】
スル
門の中にはいること。 -を禁ず
教えを受けるために、弟子になること。入学。 学徳を慕って-する
その事に初めてとりかかること。また、そのための手引き。 -書 茶道-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅう‐もん ニフ‥【入門】
〘名〙
① (━する) 門の中にはいること。
※風俗画報‐三六九号(1907)人事門「入門(ニフモン)せんとせし者も忽ち引返して通路に立塞がり居る内」 〔儀礼‐士相見〕
② (━する) 弟子となって、師の教えを受けること。弟子入りすること。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「ただ宿殖般若の種子ある人は、不期に入門せるも」
③ (━する) その事に初めてとりかかること。物事の最初の段階。入り口。初歩。
※至花道(1420)二曲三体事「習道の入門(ニウモン)は、二曲三体を過ぐべからず」
④ 初心者のために書かれた手引書。てびき。
※洒落本・風俗八色談(1756)一「入門(ニウモン)を見て薬を与へ、師伝もなくて医者の真似をする族(やから)が多い」
⑤ たいせつな箇所。肝要な箇所。要点。
※沙汰未練書(14C初)「内談之時、先以入門其沙汰、〈入門とは肝要事也〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.