Rakuten infoseek

辞書

入潮【イリシオ】

デジタル大辞泉

いり‐しお〔‐しほ〕【入(り)潮/入り×汐】
引き潮。干潮。
「霜枯れの横野の堤風さえて―遠く千鳥鳴くなり」〈続古今・冬〉
満ち潮。差し潮。満潮。
「浦荒れて風よりのぼる―におろさぬ舟ぞ波に浮きぬる」〈玉葉集・雑二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いり‐しお ‥しほ【入潮】
〘名〙
① 引き潮。干潮。⇔出潮(いでしお)
※新撰六帖(1244頃)六「いりしほのひ潟にきゐるみと鷺をいさりに出づるあまかとや見ん〈藤原知家〉」
② 満ちてくる潮。満潮。みちしお。さししお。
※海道記(1223頃)萱津より矢矧「此に過れば、朝には入塩にて魚に非ずは游(およ)ぐべからず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いる‐しお ‥しほ【入潮】
〘名〙 差し寄せて来る潮。満潮。
※万葉(8C後)一四・三五五三「あぢかまのかけの水門に伊流思保(イルシホ)のこてたずくもが入りて寝まくも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入潮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入潮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.