Rakuten infoseek

辞書

入浜式塩田【いりはましきえんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

入浜式塩田
いりはましきえんでん
日本に近世初期から行われた製塩施設。遠浅海岸の満潮水位以下の場所に堤防を築き,その内側に砂層地盤の塩田を設けたもの。塩田は溝によって短冊形に仕切られ,潮が満ちてくると堤防に設けられた樋門を通って溝から海水が塩田に浸透する仕組みで,太陽熱で水分が蒸発すると塩田の砂に塩分が付く。それをかき集めて海水をかけて濃厚な塩水 (鹹水) をとり,釜で煮つめて製塩を行なった。干満差が大きく遠浅の瀬戸内海沿岸を中心に発達し,近世から昭和年代にいたるまで,長く日本における製塩の中心をなしたが,1950年代に流下式塩田に転換した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

入浜式塩田
 江戸時代から行われた塩づくりの方法です。満潮時の水面よりも標高の低い塩田に水を流した後に塩田を乾かし、塩分をおびた砂を集めます。その後、さらに海水をかけて、かん水とよばれる濃度の濃い塩水をつくり、それを煮詰めて、効率よく塩をつくります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入浜式塩田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入浜式塩田の関連情報

他サービスで検索

「入浜式塩田」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.