Rakuten infoseek

辞書

入梅【にゅうばい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

入梅
にゅうばい
梅雨節に入ること。つゆ入り。毎年6月中旬~7月中旬の約1ヵ月間,九州から東北地方雨の季節に入る。これは,北方のオホーツク海高気圧と南方の小笠原高気圧とに挟まれて,揚子江流域から九州,四国,本州にかけて梅雨前線が停滞するためである。梅雨の入りは,時期的に九州ではいくらか早く始まり,北にいくほど遅れる傾向がある。また毎年一定していない。それで日本の暦では太陽黄経が 80°に達した日 (6月 11日頃) を入梅と定め,雑節の一つとして旧暦に記載されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ついり【入梅/梅雨入り】
《「つゆいり」の音変化》つゆのいり。にゅうばい。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にゅう‐ばい〔ニフ‐〕【入梅】
雑節の一。太陽の黄経が80度に達した日で、6月11日ごろ。気象では梅雨に入る日をさし、地域や年により異なる。つゆいり。 夏》「―や墓さむげなる竹のつゆ/芭蕉」⇔出梅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

入梅
暦では、太陽の黄経が八〇度の日(六月一一日頃)。気象上の梅雨入りの日は年により、地方によって異なる。「入梅」を「梅雨」そのものの意味で使う地方もある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

日本文化いろは事典

入梅
入梅は、芒種から5日目、立春から数えて135日目に当る6月11日頃の時期をいいます。この日を境に梅雨の季節に入ります。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

にゅうばい【入梅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にゅうばい【入梅】
雑節の一。太陽黄経が80度に達した時。暦の上で梅雨期に入る日で、6月11日頃。また、梅雨つゆの季節になること。つゆいり。 ⇔ 出梅 [季] 夏。
梅雨期を表す、東日本での言い方。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

入梅
にゅうばい
雑節の一つ。梅雨の時期に入る日をいい、暦にはその日を記す。旧暦時代には五月節芒種(ぼうしゅ)に入って第一の壬(みずのえ)の日を入梅とする説を用いた。現行暦では太陽の視黄経が80度に達した日をもって入梅とし、太陽暦の6月11日ごろにあたる。この日から梅雨が始まるわけではなく、およそこのころから雨期に入ることを農家に注意を促すために記載される。梅雨の明けるのを出梅というが、暦には記載されない。[渡辺敏夫]

気象

この日から梅雨に入るという入梅の日は年によって異同はあるが、5月下旬ごろから始まる走り梅雨の雨と、本梅雨の雨の境界をはっきり決めかねる年も少なくない。気候学的には、梅雨の経過が終わってからあと、各地の降雨状況、気圧配置なども頭に置いて改めて決められている。俳諧(はいかい)では「梅雨入り」「ついり」「梅雨めく」ともいい、夏の季語である。[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅう‐ばい ニフ‥【入梅】
〘名〙
① 梅雨の季節にはいること。太陽の黄経が八〇度に達した時をいい、暦の上では、六月一〇日頃にあたる。俗に梅雨と同義に用いられてもいる。つゆいり。ついり。⇔出梅。《季・夏》
※俳諧・滑稽雑談(1713)五月「〈略〉五月節過て壬日を入梅とす」
② つゆの雨。梅雨。
※笛(1957)〈幸田文〉「入梅のびしょびしょ降っているある日」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入梅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入梅の関連情報

他サービスで検索

「入梅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.