Rakuten infoseek

辞書

入口【イリグチ】

デジタル大辞泉

いり‐ぐち【入(り)口】
《「いりくち」とも》
はいる所。はいりぐち。⇔出口(でぐち)
物事のしはじめ。端緒。「学究生活の入り口」「芸の入り口

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いり‐ぐち【入口】
〘名〙 (「いりくち」とも)
① そこからはいっていく所。はいり口。
※玉塵抄(1563)二七「神武門はみやこの入口の門なり」
※虎明本狂言・地蔵舞(室町末‐近世初)「在所のいりくちに、制札があらふがお見やらなんだか」
② 物事のはじめ。端緒。
※玉塵抄(1563)二六「ひょっひょとのちにいわうず入り口に云ことはわるいぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この実事習験の学問に比すれば、特に入門(〈注〉イリクチ)の初歩に過ざるのみ」
③ はいりこむことのできる地位。勤め場所。奉公先。くち。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「こちにまかしゃれと手に取やうに請合、諸方をかけまはりて、入くちを聞出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いれ‐くち【入口】
〘名〙 (「くちいれ」の「くち」と「いれ」を逆にした語) 江戸時代、奉公人、主として日雇、月雇奉公人の周旋をすること。また、その人。口入屋。桂庵(けいあん)
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「諸方をかけまはりて入くちを聞出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.