Rakuten infoseek

辞書

兜虫/甲虫【カブトムシ】

デジタル大辞泉

かぶと‐むし【×兜虫/甲虫】
コガネムシ科の昆虫。体長4~5センチ。体は黒褐色でつやがあり、雄は頭に角をもつ。主に夜活動し、クヌギサイカチなどの樹液を吸う。腐葉土中に産卵し、幼虫は越冬ののち、7月ごろ成虫となる。北海道南部から九州まで分布。さいかちむし 夏》「ひっぱれる糸まっすぐや―/素十

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

兜虫 (カブトムシ)
学名:Allomyrina dichotoma
動物。コガネムシ科の昆虫

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兜虫/甲虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兜虫/甲虫の関連情報

他サービスで検索

「兜虫/甲虫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.