Rakuten infoseek

辞書

【ジ】

デジタル大辞泉

じ【児】
[名]
子供。「一をもうける」
男子。
「自然の―になろうか、又意志の人になろうか」〈漱石それから
[代]一人称の人代名詞。親などに対して子が自分のことをさすのに用いる。
「―は不幸にしていまだ良師を得ません」〈鴎外魚玄機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【児〔兒〕】[漢字項目]
[音](漢) (呉) [訓]こ ちご
学習漢字]4年
〈ジ〉
子供。幼い子。わらべ。「児戯児童育児孤児胎児乳児幼児
(親に対して)子。「児孫豚児
若者。男子。「健児(けんじ)寵児(ちょうじ)風雲児
〈ニ〉幼い子。「小児
[名のり]のり・はじめ・る
[難読]金雀児(エニシダ)・加答児(カタル)・健児(こんでい)掏児(すり)稚児(ちご・ややこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やや【児/稚】
あかご。赤ん坊。ややこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じ【児】
( 代 )
一人称。親などに対して子供が自分のことをいう語。わたくし。 「 -は不幸にして未だ良師を得ません/魚玄機 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ【児】
[1] 〘名〙
① 子どもの意。現代では多く、ある人の子どもの数をいうときに用いる。「二児の母」
※日葡辞書(1603‐04)「Ii(ジ)。チゴ」 〔史記‐孔子世家〕
② (「…の児」の形で) そういうことをする運命をもって生まれてきた者、すっかりその状態にひたりきっている者の意。男にいう。
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「爾(なんぢ)は終(つひ)に苦悩の児(ジ)なり」
[2] 〘代名〙 自称。親などに対して子どもが自分のことを呼ぶのに用いる。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「阿爺の言誠に信たらば児能く眠るべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

児の関連情報

他サービスで検索

「児」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.