Rakuten infoseek

辞書

児玉誉士夫【こだまよしお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

児玉誉士夫
こだまよしお
[生]1911.2.18. 福島
[没]1984.1.17. 東京
右翼運動家,フィクサー。 18歳で国粋運動に身を投じてたびたび投獄される。第2次世界大戦中は中国に渡り,軍部に協力,上海に海軍物資調達する「児玉機関」を設立した。戦後A級戦犯として収監されるが,出獄後,巨額の資金を鳩山一郎自由党に提供し,戦後保守政界黒幕となった。吹原産業事件はじめ政界スキャンダル事件が起るたびにその名がささやかれた。ロッキード事件では,1972~75年の総額 19億 1000万円の脱税と,クラッター元ロッキード社東京事務所代表から約9億 5000万円を受取ったとして外国為替管理法違反に問われた。懲役3年6ヵ月・罰金7億円を求刑されたが,重病のため判決延期,さらに本人死亡により公訴棄却された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

児玉誉士夫 こだま-よしお
1911-1984 昭和時代の右翼運動家。
明治44年2月18日生まれ。昭和4年建国会にくわわり,天皇直訴事件で入獄。のち外務省や参謀本部嘱託として中国で活動,16年「児玉機関」を上海につくり物資調達にたずさわる。20年A級戦犯。釈放後,政財界の黒幕となり,51年ロッキード事件で起訴された。昭和59年1月17日死去。72歳。福島県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こだまよしお【児玉誉士夫】
1911‐84(明治44‐昭和59)
昭和期の右翼,政界の黒幕。福島県安達郡本宮村生れ。1918年(大正7)上京,少年期を貧困のなかにすごす。29年(昭和4)建国会に入る。同年天皇直訴事件で検挙。31年急進愛国党入党,井上準之助短刀を送る。32年天行会の頭山秀三と重臣暗殺を計画し検挙される。37年出獄後,中国で謀略活動に従事,41年海軍航空本部の依頼で上海に児玉機関をつくって戦略物資の調達に当たった。戦後は45年8月東久邇内閣の参与

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

児玉誉士夫
こだまよしお
(1911―1984)
右翼運動家。福島県本宮(もとみや)町(現本宮市)に生まれ、極貧の少年時代を送った後、昭和初期に右翼運動に参加。三度の投獄ののち、1941年(昭和16)海軍航空本部嘱託となり、上海(シャンハイ)に「児玉機関」を設置し、物資調達、宣撫(せんぶ)工作に従事した。戦後A級戦犯に指定されるが、1948年釈放。児玉機関の資産が保守党再建の資金として使われ、これを機に保守党と深い関係をもつ。青年思想研究会を主宰するなど右翼の重鎮として政財界に強い影響力を保持。1969年ロッキード社の秘密代理人となり、エアバス選定に暗躍したが、1976年発覚。脱税容疑で起訴され、1981年には懲役3年6月の求刑を受けたが、病気のため判決は無期延期となり、昭和59年1月死亡。公訴棄却となって判決は言い渡されなかった。[伊藤 悟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児玉誉士夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

児玉誉士夫の関連情報

関連キーワード

取調べ牧野省三ゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.