Rakuten infoseek

辞書

免責【めんせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

免責
めんせき
discharge
法文上個々の債務の弁済責任れる意味で用いられる場合もあるが (たとえば民法 442,443) ,特に破産終結後,破産者が一般的に既存の債務につき債権者からの追及を免れることができることをいう。免責を許可する立法主義が免責主義であり,非免責主義に対する。免責を認めるのは,破産は破産者の責任というより,経済情勢の変動による犠牲であるとの認識から,破産を経た破産者に従前の破産債権の負担を免れさせようとするのである。英米破産法にみられる特色であり,ドイツ法系の非免責主義に対する。日本では,昭和 27年法律 173号による破産法の一部改正により免責主義を採用したが (破産法 366条の2~20) ,なお他の法令によって破産者はその公,私権上に制限を受けており (民法 846条4号,852,1009,弁護士法6条5項,公証人法 14条2号など) ,その限度では懲戒的性格をもつ非免責主義的色彩が残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めん‐せき【免責】
[名](スル)
責任を免じること。責任を問われるのを免れること。「過失を問われず免責される」
債務者債務を免れること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

免責
保険金が支払われない場合のことをいいます。保険会社は保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金支払の義務を負いますが、特定の事項が生じたときは例外としてその義務を免れることになっています。例えば、戦争その他の変乱によって生じた事故、保険契約者等が自ら招いた事故、地震・噴火・津波等による事故などです。

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

世界大百科事典 第2版

めんせき【免責】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めんせき【免責】
( 名 ) スル
責任を問われるのを免れること。
債務者が債務の全部または一部を免れること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免責」の用語解説はコトバンクが提供しています。

免責の関連情報

他サービスで検索

「免責」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.