Rakuten infoseek

辞書

【ひかり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ひかり
千葉県北東部,横芝光町北・東部の旧町域。九十九里平野の中部に位置し,九十九里浜に注ぐ栗山川下流左岸を占める。 1954年東陽村,南条村,日吉村,白浜村の4村が合体して光町が成立。 2006年横芝町と合体して横芝光町となった。米作やトマト,スイカなどの園芸農業,養豚が行なわれる。虫生 (むしょう) にある真言宗の広済寺で毎年演じられる鬼舞,鬼来迎 (きらいごう) は国指定の重要無形民俗文化財。太平洋に面する海岸部は九十九里県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


ひかり
light
もともとは人間の眼を刺激して視覚を与えるものをいう。現代物理では,光が電磁波としての性質をもつことから,紫外線赤外線のように眼に見えない波長の電磁波まで含めて光ということが多く,眼に見える範囲の波長がおよそ 700nmの赤色から 400nmの紫色までの光を特に可視光線と呼ぶこともある。また,短波長のX線γ線などを含めて光と呼ぶことがある。光の本質に関しては,19世紀初め頃に光の干渉回折,かたより (→偏光 ) などの現象から波動説 (→光の波動説 ) が唱えられた。さらにジェームズ・クラーク・マクスウェルにより,光は電波と同じ性質をもつ電磁波の一種であることが提唱された。一方,マックス・プランク黒体放射の理論や,光電効果などから光の粒子的性格も明らかにされた (→光の粒子説 ) 。光の粒子は光子または光量子と呼ばれる。その後発展した量子力学によって光の波動性と粒子性とが統一的に説明されるにいたった。波長からみれば,電磁放射は波長 3×10-7 nmのγ線から数百万 kmで測定される長い電波まで,非常に広い帯域にわたって生じる。真空中の光の速度は基本的な物理定数であり,その値は 2.99792458×108m/s である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう【光】[漢字項目]
[音]コウ(クヮウ)(呉)(漢) [訓]ひかる ひかり
学習漢字]2年
〈コウ〉
ひかる。ひかり。「光輝光線光明眼光月光後光採光閃光(せんこう)電光日光発光夜光
けしき。「光景観光風光
月日。時間。「光陰消光
ほまれ。名誉。「光栄栄光
相手の行為に尊敬を示す語。「光来光臨
尽きる。すっかり無くなる。「三光政策」
〈ひかり(びかり)〉「稲光七光
[名のり]あき・あきら・あり・かぬ・かね・さかえ・てる・ひこ・ひろ・ひろし・みつ・みつる
[難読]竹光(たけみつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり【光】
目に明るさを感じさせるもの。太陽・星・電球などの発光体から出る光線。主に可視光線をさすが、普通は赤外線から紫外線までの電磁波をいい、真空中での進行速度は1秒間に約30万キロメートル。「電灯の」「を発する」
心に希望や光明などを起こさせる物事。「前途にを見いだす」「オリンピックの金メダルは国民に希望のを与えた」
威力・勢力のある者の、盛んな徳や勢い。威光。「親のは七光(ななひかり)」
目の輝き。「目のが違う」
視力。「事故で両眼のを失った」
光物(ひかりもの)4」の略。
色・つやなどの輝くほどの美しさ。
「―もなく黒き掻練の」〈・初音〉
容貌・容姿のまばゆいばかりの美しさ。
「昔の御かげ、さやかにうつしとどめたる御―を」〈有明の別・三〉
はえあること。見ばえのすること。
「かうやうの折にも、先づこの君を―にし給へれば」〈・花宴〉
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり【光】[地名]
山口県南東部、周防灘(すおうなだ)に面する市。製薬・鉄鋼などの工業が盛ん。もと海軍工廠(こうしょう)があった。人口5.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり[列車]
東海道山陽新幹線運行されている特別急行列車愛称。昭和39年(1964)の東海道新幹線開業とともに運行を開始。山陽新幹線の延伸に伴い、博多まで運行されるようになった。当初は緩行列車の「こだま」より停車駅を減らして所要時間を短縮していたが、「のぞみ」の運行開始に伴い停車駅を増やした。東京・岡山間と新大阪・博多間を結ぶが、東京・博多直通はない。
第二次大戦前に、朝鮮半島釜山駅と満州国ハルビン駅を結んだ急行列車。朝鮮半島区間を朝鮮総督府鉄道が、満州国区間を南満州鉄道が運営した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり【光】[書名]
日野啓三の近未来SF小説。平成7年(1995)刊行。第47回読売文学賞(小説賞)受賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

1928年公開の日本映画。監督原作内田吐夢脚色山本嘉次郎、撮影:松沢又男。出演:島耕二、滝花久子、三桝豊、見明凡太郎ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本のポピュラー音楽は女性シンガーソングライター、宇多田ヒカル。2002年発売。ゲームソフト「キングダムハーツ」の主題歌起用。第17回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤー受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひかり【光 light】
電磁波の一種。狭義には目に見える電磁波,すなわち可視光を意味する。電磁波は波長(とくに真空中の波長)や振動数によって分類されるが,可視光は約810nmから380nmまでの波長範囲,振動数でいえば4×1014~8×1014Hz程度の電磁波であり,この範囲で波長が短くなるに従い,赤,だいだい,,青,あい,紫のに色がついて見える(ただし,目に見える波長範囲や色の感覚は観測者によって個人差がある)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひかり【光】
動詞光るの連用形から
目に明るい感じを起こさせるもの。物理的には光は電磁波で、普通目に感じる可視光線をさす。さらにそれに赤外線・紫外線を加えていうこともある。空間中を直進し、また反射・屈折する。速さは真空中で一秒間に約30万キロメートル。 強い-を放って燃える
明るさを感じる目の力。視力。交通事故で-を失う
目の輝き。また、視線。
人の心を明るくはればれとさせることやもの。光明。希望。 人生の-を失う 前途に-を見いだす
人に尊敬の念を起こさせるもの。他を威圧するような勢い。威光。 親の-は七光ななひかり 輝かしい生涯に一層の-をそえる 今なむ阿弥陀仏の御-も、心清く待たれ侍るべき/源氏 夕顔
輝くばかりの美しさ。特に、容貌・容姿の美しさ。 この御-を見たてまつるあたりは/源氏 夕顔
光栄。はえあるもの。名誉。 世間の-にておはします殿の/大鏡 道長
物事の威力。特に、金銭の威力。金銭。 夕日影朝顔の咲くその下に六千両の-残して/浮世草子・一代男 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり【光】
山口県南東部、周防灘に面する市。島田川下流に位置し、室積湾は古くからの良港。旧光海軍工廠跡地に鉄鋼・薬品などの工業が進出して発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔茨城県〕光(ひかり)

光(ひかり)〔鹿嶋市
光(ひかり)〔神栖市

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひから・す【光】
〘他サ五(四)〙 光るようにする。光らせる。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三「夫仏師台坐後光をひからして 安心爰に目のたまの床」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひかり【光】
[1] 〘名〙 (動詞「ひかる(光)」の連用形の名詞化)
[一] (物理的あるいは視覚的意味で) 明るい、輝かしい、美しいなどと感じられるもの。
① 視覚を起こさせるもの。すなわち、発光体から発する光線、およびそれが反射したものをいう。
※万葉(8C後)一五・三五九九「月よみの比可里(ヒカリ)を清み神島の磯みの浦ゆ船出すわれは」
※古今(905‐914)春下・八四「久方のひかりのどけき春の日に静心なく花のちるらむ〈紀友則〉」
② 人間の視覚で感じ得る電磁波。普通、波長が三八〇~七七〇ミリミクロンの可視光線をいうが、広義には赤外線、紫外線、さらにX線、γ線までを含むこともある。真空中では毎秒約三〇万キロメートルの速さで進む。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「其物から来る光の波長が」
③ 色、つやなどの輝くばかりの美しさ。きらびやかさ。光彩。つややかさ。光沢。
※書紀(720)神代下・歌謡「赤玉の 比訶利(ヒカリ)はありと 人は言へど」
※源氏(1001‐14頃)初音「ひかりもなく黒き掻練の」
④ 容貌、容姿の美をたとえていう。まばゆいばかりの美しさ。また、この上なく美しい人。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「この御ひかりを見たてまつるあたりは」
※御伽草子・転寝草紙(室町中)「やうやう御さかりのほどにも、なりゆくにつけて、いとどあかぬ所なく光そひ給ふぞ」
⑤ 眼の輝き。眼光。また、物を見る眼の様子。視線。
※大唐西域記長寛元年点(1163)三「其の眼を抉り去らしむ。眼既に明(ヒカリ)を失つ」
[二] (精神的な意味で) 明るい、輝かしい、美しいなどと感じられるもの。
① さかんな勢いや力をたとえていう。人をおそれ服させるような勢力。
(イ) 君主、国家、神仏、人間などのさかんな徳や勢い。威光。威勢。威徳。
※書紀(720)崇神一二年三月(北野本訓)「朕(あれ)(はし)めて天位(あまつくらひ)に承(う)けて宗廟(いにしえ)を保(たも)つことを獲たり。明(ヒカリ)も蔽(さは)る所(ところ)(あ)り」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「今なむ阿彌陀仏の御ひかりも」
(ロ) 物事の威力。効力。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「心の中は、今宵、などてかは、そのひかりも難うはなど頼もしきを、しるし見せ給はずは、甲斐なうこそあるべけれ」
(ハ) 黄金の輝き。金銭の威力。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「六千両の、光(ヒカリ)残して」
② 知恵や徳の輝き。すぐれた知徳。
※車屋本謡曲・鸚鵡小町(1570頃か)「和光のひかり玉津島、廻らす袖や、浪がへり」
③ はえあること。光栄。見ばえのするもの。光輝。
※源氏(1001‐14頃)花宴「かうやうの折にも、先づこの君をひかりにし給へれば」
④ 心を明るくするもの。闇を照らす光として感ぜられるもの。光明。
(イ) 迷い、悲しみ、無知などから覚めさせるもの。悟り。真理。
※山家集(12C後)中「なべてみな晴れせぬ闇の悲しさを君しるべせよひかり見ゆやと」
(ロ) 心を明るくするもの。心に希望を与えるもの。また、心に憧れや尊敬などをよび起こすもの。光明。希望。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「目も見え侍らぬに、かくかしこきおほせごとをひかりにてなん」
※乳姉妹(1903)〈菊池幽芳〉後「全く希望の光が輝やくのでありました」
[2]
[一] 山口県南東部の地名。周防灘(すおうなだ)に面する。鉄鋼・薬品などを主とする工業都市。室積(むろづみ)海岸や虹ケ浜などは瀬戸内海国立公園の一部。昭和一八年(一九四三)市制。
[二] (ひかり) 東海道新幹線と山陽新幹線で運転されている特別急行列車の愛称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひか・る【光】
〘自ラ五(四)〙
① 光を放つ。光がさす。光を発する場合にも、また、光を反射する場合にもいう。
※万葉(8C後)五・八五五「松浦川川の瀬比可利(ヒカリ)鮎釣ると立たせる妹が裳のすそぬれぬ」
※竹取(9C末‐10C初)「もとひかる竹なん一すぢありけり」
② 色彩などが輝く。光り輝くように美しくみえる。美しく映える。
※古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒さへ比迦礼(ヒカレ)ど 白玉の 君が装ひし 貴くありけり」
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「顔の色あひまさりて、つねよりもひかると見え給ふ」
③ 光沢を有する。つやつやしている。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「手摺れて垢光りに光った洋服」
④ 容貌、容姿などが、まばゆいほどに美しくみえる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「今は又、その世にもねびまさりて、ひかるとはこれをいふべきにや」
⑤ 装飾を施した物などがきらびやかに輝く。
※随筆・独寝(1724頃)上「印籠のひかりたるはいと心にくし」
⑥ 勢い、誉れ、徳などが盛んに現われる。威光を示す。光栄がある。
※書紀(720)継体七年一二月(前田本訓)「秋津しまは赫(ヒカリ)に赫りて、誉、王畿(うちつくに)に重し」
⑦ 金をたくさん持っている。金の威光がある。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「光(ヒカ)る旦那をこころ当、それもはづれてまごつくは」
⑧ 色男然とする。通人ぶる。また、見せびらかすさまである。
※洒落本・多佳余宇辞(1780)「そう光られちゃア、おれがはめだ」
⑨ 人物、才能、技量、仕事などが、他よりも一段とすぐれる。ひいでる。
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉四「段々にあなたの画が光って来るんですから」
⑩ 目に、ある様子や表情が強く現われる。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「目は冴えた大きな目で、鋭い、才気の湛が暉(ヒカ)って居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.