Rakuten infoseek

辞書

光線束【こうせんそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光線束
こうせんそく
pencil of rays
光線の集り幾何光学では光の通る道筋を示すのに光線を用い,光エネルギーの流れは多数の光線の集りであると考える。すべての光線またはその延長が1点で交わるときを共心光線束,1点に集中してゆくようなときを集束光線束,1点から広がってゆくときを発散光線束という。また1点に交わらないときを非点光線束という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうせん‐そく〔クワウセン‐〕【光線束】
幾何光学における光線の集まり光束

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせんそく【光線束 pencil of light rays】
一つの点光源から発する多数の光線を考え,これらの光線上で光源から光路長の等しい点を結んでできる曲面を(光波の)波面という。この曲面は光源からそこへ至る所要時間の同じ点の集りであり,同時に放射された光の波の等位相面である。光は光源から面上の点までの間で所要時間が最小となる径路をとる(フェルマーの原理)から,光線はいずれもこの曲面に垂直である。一般に一つの直交曲面を共有する光線の集りを光線束という。いろいろな光線の集りの中で光線束をとり出して考える理由は,〈ある一つの曲面を垂直に通過する光線群は,反射や屈折を何度か繰り返した後も,また他の一つの曲面に直交している〉というマリュスの定理Malus’ theorem(1808年にフランスのマリュスEtienne Louis Malus(1775‐1812)が発表)が成り立つからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうせんそく【光線束】
光線の集まり。光束。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうせん‐そく クヮウセン‥【光線束】
〘名〙 幾何光学用語で、集合して一群となった光線のたば。発散光線束、収斂(しゅうれん)光線束、平行光線束など。光束。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光線束」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光線束の関連情報

他サービスで検索

「光線束」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.