Rakuten infoseek

辞書

光沢【コウタク】

デジタル大辞泉

こう‐たく〔クワウ‐〕【光沢】
光の反射による、物の表面の輝き。つや。「磨いて光沢を出す」
仏語光明のめぐみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうたく【光沢 gloss】
つやのある物体を見るとき,その物体の形や色など物体そのものを見るほかに,その物体に他の物体がうつった像も見ている。はっきりと強い像がうつるものは〈つや〉の高い物体で,像のうつらないものはつやのない物体である。つやと同じような意味の言葉に,〈光沢〉という言葉がある。写真の印画紙などのぴかぴかした感じのつやのあるものを光沢面と呼んだり,反対につやのないものを無光沢と呼んだりする。つやまたは光沢は,物体からの反射光の性質を表すものでなく,光の反射に関係した物体表面の性質を表すものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうたく【光沢】
なめらかな表面が光を受けて発する輝き。つや。 -がある
仏の光明に照らされて救われること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐たく クヮウ‥【光沢】
〘名〙
① 物の表面が光を受けて輝くこと。物の表面のつや。ひかり。輝き。〔病論俗解集(1639)〕
※南郭先生文集‐三編(1745)一・人日登台「春風吹万物、光沢動園林
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「『アルミ』の光沢(クヮウタク)
② 仏語。仏の光明に照らされて智慧が現われてくること。
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「光雲無碍如虚空 一切の有碍にさはりなし 光沢かふらぬものぞなき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光沢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光沢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.