Rakuten infoseek

辞書

光冠【コウカン】

デジタル大辞泉

こう‐かん〔クワウクワン〕【光冠/光環】
太陽や月の周囲に見える。大気中の微細な結晶水滴などによる光の回折のために起こる現象で、内側が青く外側赤色に見える。(かさ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかん【光冠】
光環とも書き,英語ではコロナcoronaという。層状の中層の雲である高層雲などを通して太陽や月を見た時,そのまわりに現れる視半径2~5度の光の輪である。色の順序は内側が,外側が赤で,(かさ)の場合と反対である。これは太陽や月の光線が,雲を形づくっている微水滴によって,回折現象を起こしてできるものである。視半径をθ,光の波長をλ,雲粒の半径をrとすると,sinθはλ/2rに比例する関係があり,雲粒が小さいほど,光の輪の視半径は大きくなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

光冠
こうかん
太陽や月の周りに現れる比較的小さい直径の色のついた光の輪。光環とも書く。輪の半径は普通3度前後で、色の配列は輪の外側が赤みがかっているのが特徴である。同じような光輪には暈(かさ)があるが、暈は半径が22度、色の配列は内側が赤であるので光冠とははっきり区別できる。
 光冠は太陽や月の光が薄い雲の雲粒のために回折してできる。光冠の半径は雲粒の半径に逆比例する。雲粒が小さくなるほど光冠の半径は大きくなる。光輪の赤の外縁の角度を手近な道具を使って測り、その角度で20を割ると半径(単位マイクロメートル)がわかる。ビショップ環は雲粒のかわりに火山灰によって生じた回折現象である。ビショップ環の半径は約20度であることから、火山灰の半径は約1マイクロメートルであると推定される。雲の中では雲粒の大きさは一般に不ぞろいであるから、光冠の色は虹(にじ)の色のように鮮明にならない。多くの場合太陽や月の周りが青白い色で、その周囲を赤褐色の鈍い輪が取り巻く程度である。これをオーレオールaureoleとよぶこともある。雲のでき始めには雲粒の大きさは比較的そろっていて、光冠の色は虹色と同じように鮮明になる。夜間山の上で雲がかかってきたとき、20メートルくらい離れた位置から電灯の光を見ると色鮮やかな光冠を見ることができる。このようなときには光輪は二重、三重にも現れる。なお、御光(ごこう)やブロッケンの妖怪(ようかい)とよばれる現象は光冠と同様に光の回折によっておこるが、このときの色の配列は同じである。[大田正次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光冠
こうかん
光環」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光冠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光冠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.