Rakuten infoseek

辞書

光冠・光環【こうかん】

大辞林 第三版

こうかん【光冠・光環】
太陽や月の周りにできる視半径2~3度の小さな光の輪。内側が青色、外側が赤色を帯びる。空気中の水滴によって光が回折して生じる。コロナ。
太陽のコロナのこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐かん クヮウクヮン【光冠・光環】
〘名〙
高積雲など均質な雲におおわれた太陽や月の周囲に見られる光の内側はすみれ色、外側赤色を呈する。太陽や月の光が雲の細粒によって折するために起こる。コロナ。また、土星の輪。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉九「土星一千余倍 八個の月あり。又光環(クヮウカン)二層あり」
② 太陽のコロナのこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光冠・光環」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光冠・光環の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.