Rakuten infoseek

辞書

先鞭【センベン】

デジタル大辞泉

せん‐べん【先×鞭】
《「晋書」劉琨伝の「常に恐る祖生の吾(わ)れに先んじて(むち)を著(つ)くるを」から》他に先んじて着手すること。「現地法人設立の先鞭を着ける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんべん【先鞭】
〔晋書 劉琨伝「常恐祖生先吾著一レ鞭」より。好敵手、祖逖そてきが、自分より先に馬に鞭打って功名をあげはせぬかと劉琨が気づかったことから〕
人より先に物事に手をつけること。 「 -をつける」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐べん【先鞭】
〘名〙 (「晉書‐劉琨伝」の「吾枕戈待旦、志逆虜、常恐祖生先吾著鞭」による。他人より先に馬にむち打って、さきがけの功名をする意) ある物事に、だれよりも先に着手すること。真っ先にとりくむこと。さきがけ。先手。
※弘道館記述義(1852)下「況今各国既着先鞭、而我倣之、不亦晩乎」
※落語・水中の球(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「何処へでも行かれるのだから、これを旨く人より先鞭して旅行して帰って来ると」 〔高適‐酬河南節度使賀蘭大夫詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先鞭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先鞭の関連情報

他サービスで検索

「先鞭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.