Rakuten infoseek

辞書

先代【センダイ】

デジタル大辞泉

せん‐だい【先代】
当主・当代の前の代。「先代の会長」
現在同じ芸名を受け継いでいる人の、1代前の人。「先代の団十郎」
現代より前の時代。前代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんだい【先代】
当主の前の代。 -にはお世話になった
芸名・四股名しこななどを代々受け継いでいる場合、その人の前の代。 -梅幸
前の時代。前代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐だい【先代】
〘名〙
① 現代より前の時代。前の世。前代。
※古事記(712)序「心鏡は煒煌として、明らかに先代を覩(み)たまひき」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「忠義は先代(センダイ)末代まで」 〔魏志‐文徳郭皇后伝〕
② 特に室町時代、前の時代である鎌倉時代をいう呼称。→中先代
※清原宣賢式目抄(1534)「先代の始をいへは、右兵衛権の佐源頼朝也」
当主の前の代。さきの主人。さきのみかど。
※栄花(1028‐92頃)煙の後「せんだいをば後朱雀とぞ申める」 〔春秋左伝‐僖公二四年〕
④ 新しく襲名した芸能人などの一代前の人。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉奈落「六代目尾上菊五郎というとき、私のおもい出の中に泛んで来る人に、先代の守田勘彌がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.