Rakuten infoseek

辞書

【チョウ】

デジタル大辞泉

ちょう〔テウ〕【兆】
古代の占いで、亀の甲を焼いてできる裂け目の形。転じて、物事が起こる前ぶれ。きざし。しるし。「災いの
数の単位。1億の1万倍。10の12乗。古くは中国で1億の10倍。「八円の予算

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【兆】[漢字項目]
[音]チョウ(テウ)(漢) [訓]きざす きざし
学習漢字]4年
きざし。「兆候吉兆凶兆前兆
数の単位。億の一万倍。また、数の多いこと。「兆民億兆
[名のり]とき・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょう【兆】
〔古代、占いの時に亀甲を焼いてできる裂け目の形をいったことから〕 物事の起こる前ぶれ。きざし。兆候。 「不穏の-」
数の単位。一億の1万倍の数。 〔古く中国で「億」の十倍を「兆」としたこともあった〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう テウ【兆】
〘名〙
① 古代、うらないのとき、亀甲を焼いてできる裂け目の形。うらかた。ひいて、物事の起こる前ぶれ。きざし。しるし。
※本朝続文粋(1142‐55頃)四・極前大相国公辞摂政第一表〈大江匡房〉「兆非白燕。性是朱魯」 〔国語‐晉語一〕
② 数の単位。億の一万倍。京の一万分の一。ただし、古代中国では、一〇億を兆とすることもある。また、転じて、数の多いことにもいう。
色葉字類抄(1177‐81)「兆 テウ 十億曰兆」 〔戦国策‐楚策・威王〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・す テウ‥【兆】
〘他サ変〙 ⇒ちょうする(兆)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・する テウ‥【兆】
〘他サ変〙 てう・す 〘他サ変〙 吉凶をうらなう。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉八「或ものは長妹未来の浮沈を兆するを信じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兆の関連情報

他サービスで検索

「兆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.