Rakuten infoseek

辞書

元荒川【もとあらかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元荒川
もとあらかわ
埼玉県東部を南東に流れる川。もと荒川の本流。全長約 61km。熊谷市からほぼ南東流し,越谷市を経て吉川市付近で中川に合流する。寛永6 (1629) 年,関東郡代伊奈忠治が熊谷市久下 (くげ) で旧荒川を締切り,和田吉野川の川筋を広げて荒川とし,当時の入間川筋に流して流路を変更した。現在は用水路排水路として利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もとあらかわ【元荒川】
埼玉県東部を流れる川。源流は熊谷市久下(くげ)の細流で,越谷市東端で中川に合流する。合流点までの流路延長は約60km,流域面積は216km2。江戸時代初期まで荒川の本流であった。1629年(寛永6)関東郡代伊奈忠治は荒川を久下でせき止め,それまで入間(いるま)川の支流であった和田吉野川につないで荒川の河道を入間川に移し,これを荒川本流とした。これにより久下から下流の荒川の旧河道は元荒川と呼ばれるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

元荒川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元荒川の関連情報

他サービスで検索

「元荒川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.