Rakuten infoseek

辞書

元禄忠臣蔵【げんろくちゅうしんぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元禄忠臣蔵
げんろくちゅうしんぐら
9編から成る戯曲,歌舞伎作品。真山青果作。 1934年2月,2世市川左団次が東京歌舞伎座で『大石最後の一日』 (2幕4場) を上演,好評のため次々と書き継がれた。『江戸城刃傷』 (2幕3場,1935.1.東京劇場) ,『第二の使者』 (1幕,35.1.同) ,『最後の大評定』 (序と6場,35.4.同) ,『伏見撞木町』 (2幕3場,39.4.歌舞伎座) ,『御浜御殿綱豊卿』 (3幕5場,40.1.東京劇場) ,『南部坂雪の別れ』 (2幕4場,38.11.歌舞伎座) ,『吉良屋敷裏門』 (1幕3場,38.4.明治座) ,『仙石屋敷』 (2幕4場,38.4.同) で,すべて左団次一座によって初演された。戦意高揚の国民演劇として書かれたが,史実を重んじ,武士のモラルと弱点をもつ人間性を追求,義太夫狂言仮名手本忠臣蔵』に匹敵する昭和歌舞伎の名作とされる。特に「御浜御殿」は今日なおしばしば上演される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんろくちゅうしんぐら【元禄忠臣蔵】
真山青果の戯曲。10編。昭和9~16年(1934~1941)発表。赤穂義士を題材にした連作史劇。→忠臣蔵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんろくちゅうしんぐら【元禄忠臣蔵】
戯曲。歴史劇。10部作。真山青果作。1934年2月東京歌舞伎座で《大石最後の一日》が,2世市川左団次によって初演された。これが好評で,翌年1月連作の第1編として《江戸城の刃傷》《第二の使者》を一挙に上演してから40年1月の《御浜御殿》まで,左団次一座が演じた。以後《泉岳寺》を41年11月2世市川猿之助(のちの猿翁)が上演した。41年から3年間にわたり前進座が連続上演し,また溝口健二監督によって映画化(前編1941,後編1942)もされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんろくちゅうしんぐら【元禄忠臣蔵】
戯曲。真山青果作。一九三四(昭和九)~41年「キング」「日の出」に発表。赤穂浪士の討ち入りを、綿密な考証と新たな人物解釈で劇化した連作劇。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

元禄忠臣蔵
げんろくちゅうしんぐら
真山青果(まやませいか)の戯曲。全10編よりなる連作史劇。1934年(昭和9)2月に2世市川左団次一座が歌舞伎(かぶき)座で初演した最終編にあたる『大石最後の一日』が好評のため、松竹社長大谷(おおたに)竹次郎と主演の左団次の勧めで、青果は赤穂(あこう)義士の事件を改めて全編書き下ろすことになり、『江戸城の刃傷(にんじょう)』『第二の使者』『最後の大評定』(1935)以下、発表は前後したが『伏見撞木町(ふしみしゅもくまち)』『御浜御殿綱豊卿(つなとよきょう)』『南部坂雪の別れ』『吉良(きら)屋敷裏門』『泉岳寺』『仙石屋敷』と書き継がれ、最後に発表された『泉岳寺』は左団次没後の41年11月の初演であった。浅野内匠頭(たくみのかみ)の刃傷直後から、大石内蔵助(くらのすけ)ら赤穂浪士の苦心のすえの吉良上野介(こうずけのすけ)への仇討(あだうち)と、復讐(ふくしゅう)を遂げた46人の切腹当日までを、武士の至誠を中心主題として描いた。雄大な構想と綿密な考証をもとに、巧みな性格描写で人物をとらえた青果史劇の代表作。『大石最後の一日』と、甲府宰相綱豊(6代将軍家宣(いえのぶ))と浪士の一人富森助右衛門(すけえもん)の復讐の倫理をめぐっての対決を描いた『御浜御殿綱豊卿』(1940)はよく上演される。前進座の出演で溝口健二監督により映画化(前後編二部作、1941~42)された。[藤木宏幸]
『『元禄忠臣蔵』全2冊(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

元禄忠臣蔵
げんろく ちゅうしんぐら
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
青山青果
初演
昭和9.2(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元禄忠臣蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元禄忠臣蔵の関連情報

他サービスで検索

「元禄忠臣蔵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.