Rakuten infoseek

辞書

元祿金【げんろくきん】

精選版 日本国語大辞典

げんろく‐きん【元祿金】
〘名〙 江戸時代、元祿八年(一六九五)から発行の金貨、元祿大判、元祿小判、元祿一分金および元祿一〇年から発行の元祿二朱金の総称。元金。元字金。
※御触書寛保集成‐三二・享保二年(1717)一二月「一前方被仰出候通、元祿金当暮迄は通用いたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元祿金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元祿金の関連情報

他サービスで検索

「元祿金」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.