Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

元明天皇【げんめいてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元明天皇
げんめいてんのう
[生]斉明7(661)
[没]養老5(721).12.7. 奈良
第 43代の天皇 (在位 707~715) 。奈良朝第1代の女帝。名は阿閇 (あべ) 。天智天皇の第4皇女。母は蘇我姪娘 (そがのめいいらつめ) 。天武天皇の皇太子草壁皇子となり氷高皇女 (→元正天皇 ) ,軽皇子 (→文武天皇 ) を産んだ。草壁皇子,文武天皇夭折し,その皇子 (のちの聖武天皇) が幼少であったため即位した。おもな事は,和銅1 (708) 年の和同開珎鋳造,同3年の平城京遷都,同5年の『古事記』,および翌年風土記編纂などである。霊亀1 (715) 年,位を氷高皇女に譲る。陵墓は奈良市奈良坂町の奈保山東陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんめい‐てんのう〔‐テンワウ〕【元明天皇】
[661~721]第43代天皇。在位707~715。天智天皇の第4皇女。名は阿閇(あべ)。草壁皇子の妃。文武元正両天皇の母。文武天皇の夭折(ようせつ)後に即位。平城京遷都、古事記風土記の編纂(へんさん)、和同開珎(わどうかいちん)の鋳造などを行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

元明天皇 げんめいてんのう
661-721 飛鳥(あすか)-奈良時代,第43代天皇。在位707-715。
斉明天皇7年生まれ。天智(てんじ)天皇の第4皇女。母は宗我嬪(そがのひめ)(蘇我姪娘(そがの-めいのいらつめ))。子に文武(もんむ)天皇,元正天皇ら。文武天皇の遺詔により即位。和同開珎の銀銭・銅銭をつくり,都を藤原京から平城京にうつす。官吏の俸禄の支給規定をつくり,蓄銭叙位令をだした。「古事記」を完成させ,「風土記」をつくらせた。養老5年12月7日死去。61歳。墓所は奈保山東陵(なほやまのひがしのみささぎ)(奈良市)。別名は阿閉(陪)(あべの)皇女,日本根子天津御代豊国成姫天皇(やまとねこあまつみしろとよくになりひめのすめらみこと)。
格言など】これやこの大和にしてはわが恋ふる紀路(きぢ)にありとふ名に負ふ背の山(「万葉集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

元明天皇 げんみょうてんのう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

げんめいてんのう【元明天皇】
661‐721(斉明7‐養老5)
第43代に数えられる奈良前期の女帝。在位707‐715年。天智天皇の第4皇女,母は蘇我倉山田石川麻呂の女姪娘(めいのいらつめ)。草壁皇子の妃,文武天皇,元正天皇,吉備内親王の母,持統天皇の異母妹(いみな)は阿閇(阿陪)。和風諡号(しごう)を日本根子天津御代豊国成姫(やまとねこあまつみよとよくになりひめ)天皇という。706年(慶雲3)文武天皇が重病のため譲位しようとしたが,固辞して受けず,翌707年6月にしたことによって即位した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

元明天皇
げんめいてんのう
(661―721)

第43代天皇(在位707~715)。天智(てんじ)天皇第4皇女、母は右大臣蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだいしかわまろ)の女(むすめ)姪娘(めいのいらつめ)(宗我嬪(そがのひん))。諱(いみな)は阿閇(あえ)。いとこの草壁皇子(くさかべのみこ)に嫁し、軽(かる)皇子(文武(もんむ)天皇)、氷高(ひたか)皇女(元正(げんしょう)天皇)、吉備(きび)皇女を産む。689年(持統天皇3)草壁と死別。706年(慶雲3)文武天皇は病を理由に譲位の意を伝えたが固辞した。しかし翌年文武が崩じ、その子首(おびと)皇子(聖武(しょうむ)天皇)が幼少であったところから、皇位を嫡孫に間違いなく伝えるため、先帝の母たる阿閇が前例を破ってあえて即位した。その背後には首皇子の外祖父藤原不比等(ふひと)の強い勧めと支持があったと考えられる。この異例の即位を正当化する武器として初めて天智天皇に仮託した「不改常典(あらたむまじきつねののり)」なる論理が用いられた。在位中、和同開珎(わどうかいちん)の鋳造、平城遷都、『古事記』の選録、『風土記(ふどき)』の編纂(へんさん)などのことを命令実行したが、全般に不比等の影響が強かった。715年(霊亀1)元正天皇に譲位、721年(養老5)崩じ、奈良市奈保(なほ)山東陵に葬られた。

[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんめい‐てんのう ‥テンワウ【元明天皇】
第四三代の天皇。天智天皇の第四皇女。草壁皇子の妃。文武・元正天皇の母。名は阿閇(あべ)。日本根子天津御代豊国成姫天皇(やまとねこあまつみしろとよくになりひめのすめらみこと)。慶雲四年(七〇七)即位し、平城京に遷都。「古事記」「風土記」を編修させ、鋳貨和同開をつくる。在位九年。げんみょうてんのう。斉明七~養老五年(六六一‐七二一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

元明天皇
げんめいてんのう
661〜721
奈良時代の女帝(在位707〜715)
天智天皇第4皇女。母は蘇我倉山田石川麻呂の娘。持統天皇の異母妹。草壁皇子の妃となり,文武・元正両天皇を生んだ。文武天皇の没後,聖武天皇即位までの中継ぎとして即位した。在位中,和同開珎の鋳造(708),平城京遷都(710),『古事記』『風土記』の編纂などを行った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元明天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元明天皇の関連情報

関連キーワード

正統カリフ時代アリー斉明天皇皇極天皇金春秋斉明天皇アリー皇極天皇武烈王アリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.