Rakuten infoseek

辞書

元和【ゲンナ】

デジタル大辞泉

げんな〔ゲンワ〕【元和】
《「げんわ」の連声(れんじょう)》江戸初期、後水尾(ごみずのお)天皇の時の年号。1615年7月13日~1624年2月30日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げんわ【元和】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんな【元和】
年号(1615.7.13~1624.2.30)。慶長の後、寛永の前。後水尾天皇の代。げんわ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げんわ【元和】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

げんな【元和】
日本の元号(年号)。江戸時代の1615年から1624年まで、後水尾(ごみずのお)天皇の代の元号。前元号は慶長(けいちょう)。次元号は寛永(かんえい)。1615年(慶長20)7月13日改元。後水尾天皇の即位にともない行われた(代始改元)。また、大坂の役などの戦乱を理由として行われた(災異改元)。「元和」は唐の憲宗(けんそう)の時代の元号(806~820年)で、徳川家康の意向により採用されたもの。元和年間の江戸幕府の将軍は徳川秀忠(ひでただ)(2代)、徳川家光(いえみつ)(3代)。改元直前の1615年(元和1)4月に大坂夏の陣が始まり、5月8日に大坂城が落城、豊臣氏は滅亡した。以後、泰平が続くが、これを「元和偃武(えんぶ)」という。同年7月、江戸幕府は「武家諸法度(ぶけしょはっと)」とともに「禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)」を制定して朝廷に介入し、改元ならびに元号に関する規定も盛り込んだ。これ以降、明治維新まで改元や元号制定は朝廷が提案し、幕府の認可を受けて行われるようになる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんな ゲンワ【元和】
(「げんわ」の連声(れんじょう)) 江戸初期、後水尾天皇の代の年号。慶長二〇年(一六一五)七月一三日代始により改元。唐の憲宗の年号にならったという。二代将軍徳川秀忠、三代家光の時代。元和一〇年(一六二四)二月三〇日寛永と改元。
[補注]現在は普通「げんな」と訓むが、古くは「げんわ」と訓まれた例が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げんわ【元和】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元和の関連情報

他サービスで検索

「元和」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.