Rakuten infoseek

辞書

元和航海書【げんなこうかいしょ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

元和航海書
げんなこうかいしょ
航海書。1618年(元和4)池田好運が著した。好運がポルトガルの貿易家ゴンザロManuel Gonzaloから航海術を学び(1616)、さらにルソンに渡航して著した。緯度測定法、ルソン、シャムと長崎間の航海に関する諸注意、内外里程の対照表、気象観測、海深測定など航海に必要な知識の書で、7枚の図がつく。航海・天文・暦学史上、また西洋の学術移入史上、貴重な文献である。原本は京都大学図書館蔵で、約90枚の美濃(みの)紙の横本袋つづりで、書名はない。旧所蔵者の北沢正誠が『元和航海書』と外題をつけたが、京大は『元和航海記』とした。[菊池俊彦]
『三枝博音編『復刻日本科学古典全書7』(1978・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんなこうかいしょ ゲンワカウカイショ【元和航海書】
長崎在住の航海家池田好運が、マノエル=ゴンサロから教えをうけて著わしたポルトガル系の天文航海術書。本来表題はないが、自序に元和四年(一六一八)八月とあるので、一般にこの名で呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元和航海書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元和航海書の関連情報

他サービスで検索

「元和航海書」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.