Rakuten infoseek

辞書

元号【げんごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

元号
げんごう
年号ともいう。年につけた名。古くは王の即位から年を数えたが,一定の起算点 (元) を定めて年数を数える方法が考えられ,中国,漢の武帝のときから元号が使用されはじめたとされる。その後,次第に近隣の諸国でもこの方法が使用されるにいたった。現在これを使用している国は日本だけである。日本の元号の古いものとしては法興とか白鳳とか,いわゆる私年号 (逸年号) があるが,正式に制定されたのは 645年の大化をもって初めとする。永続的に使用されたのは,701年の大宝からである。改元の理由としては祥瑞,災害をはじめ,代始,あるいは辛酉甲子などの革命説によることがあった。用字は中国の古典からとり,年号勘文が出され,上卿 (しょうけい) の討議を経て改元の詔書によって決定された。一世一元は中国では明,日本では明治以後である。朝廷や国の制定と関係ない私年号もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐ごう〔‐ガウ〕【元号】
年号」に同じ。「元号が改まる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんごう【元号】
一般には年号と呼ばれる。中国を中心とする東洋の漢字文化圏に広まった紀年法で,前漢の武帝のときに始まる。
[元号使用の始まり]
 日本では645年(皇極4)蘇我氏の討滅を機に孝徳天皇が即位してまもなく,この年を大化元年と定めたのが最初である。大化以前において法隆寺金堂の釈迦三尊像光背の銘や《伊予国風土記》逸文の道後温泉の碑文などによって法興という年号のあったことが知られるが,これは公式に定められたという徴証がなく,逸年号もしくは広い意味で私年号というべきであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんごう【元号】
年に付ける呼び名。中国では漢の武帝の時に「建元」と号したのを最古とし、日本では645年の「大化」がはじめとされる。古くは天災・事変・祥瑞・即位などによって改めたが、明治以後一世一元とされた。現在は1979年(昭和54)制定の元号法により皇位の継承があった場合に限り元号を改めると規定されている。年号。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

元号
げんごう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐ごう ‥ガウ【元号】
〘名〙 中国、日本などで、ある時点から起算して年数を計算するための特定の称号。「大化」「昭和」の類。一般には天皇が元号を制定する特権をもつとされて従ったが、これを拒否して私年号・偽年号を用いる者もあった。また、明治以前は天皇一代に何度も改元することが多かったが、明治以後は一世一元と定めた。年号。→元号法
※皇室典範(明治二二年)(1889)一二条「践祚の後元号を建て一世の間に再び改めざること明治元年の定制に従ふ」 〔漢書‐李尋伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元号の関連情報

他サービスで検索

「元号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.