Rakuten infoseek

辞書

元久【ゲンキュウ】

デジタル大辞泉

げんきゅう〔ゲンキウ〕【元久】
鎌倉初期、土御門(つちみかど)天皇の時の年号。1204年2月20日~1206年4月27日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げんきゅう【元久】
年号(1204.2.20~1206.4.27)。建仁の後、建永の前。土御門つちみかど天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

げんきゅう【元久】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1204年から1206年まで、土御門(つちみかど)天皇の代の元号。前元号は建仁(けんにん)。次元号は建永(けんえい)。1204年(建仁4)2月20日改元。1204年は甲子(かっし)にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた。『毛詩正義(もうしせいぎ)』を出典とする命名。元久年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)。実朝の将軍就任は、前年の比企能員(ひきよしかず)の変(北条氏の策謀により、幕府要職にあった比企能員が失脚した事件)で、追放された兄の源頼家(よりいえ)(第2代将軍)が死去したという虚偽の報告を朝廷に行った結果、家督相続が許されたことによる。頼家は幕府執権の北条時政(初代)により修善寺に幽閉され、1204年(元久1)に殺害される。翌1205年(元久2)には、その時政も伊豆に追放され、北条義時(よしとき)が第2代執権に就任した。同年には『新古今和歌集』が成立している。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんきゅう ゲンキウ【元久】
鎌倉時代、土御門天皇の代の年号。建仁四年(一二〇四)二月二〇日甲子革令説に基づいて改元。出典は「毛詩‐正義」の「文王建元久矣」。元久三年(一二〇六)四月、建永と改元。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

元久の関連情報

他サービスで検索

「元久」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.