Rakuten infoseek

辞書

儀礼【ぎらい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

儀礼
ぎらい
Yi-li
中国古代の支配者階級の冠婚葬祭などの礼儀作法を記した書。周公の著といわれるが実際には戦国時代頃に作られたらしい。『礼記』『周礼』とともに三礼という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

儀礼
ぎれい
ritual
一般に信仰といわれる超自然的世界に関する観念的把握を,一定の伝統的行為様式をもって外的に表現したもの。その本質は超自然への順応を実現する手段という点にある。超自然への順応には,タブーを守るとか一定の禁欲的行動をとるなどの消極的儀と,供犠や祈祷のように直接的に超自然との交流を意図する積極的儀礼とがある。また,妊娠,出産,成人,死亡などのような人生の諸段階に行われる推移ないし通過儀礼と,狩猟や農耕などの収穫の不安を除去し,あるいは収穫の増大を目的とする増殖ないし強化儀礼の区分もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎらい【儀礼】
中国の儒教教典の一。17編。周公の著と伝えられるが確証はない。古代の礼に関する文献儒家が伝承してきたものの一部で、冠婚葬祭を中心とする礼の具体的規定。「周礼(しゅらい)」「礼記(らいき)」とともに三礼(さんらい)と称せられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ‐れい【儀礼】
慣習によってその形式が整えられている礼法。礼式。
一定の形式にのっとって行われる宗教上の行為。「通過儀礼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎらい【儀礼 Yí lǐ】
中国古代の礼書,三礼(さんらい)の一つ。三礼の他の二つ,《周礼(しゆらい)》が仮構された国家組織を述べ,《礼記(らいき)》が断片的な礼の規範を取り上げて〈礼の精神〉を説こうとするのに対し,《儀礼》の本文は純粋に儀式の次第のみを記述しようとする。三礼の中でも最も早く成立したものであろう。《儀礼》が記述する儀式は,士冠礼(成人式)・士昏礼(しこんれい)(結婚式)・士葬礼(葬式)など〈士(し)〉階層の人生の通過儀礼,郷飲酒礼・郷射礼など共同体の祭礼,聘礼(へいれい)・覲礼(きんれい)など官僚として他国や天子のもとに出張した際の礼儀作法など,全部で17編からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎれい【儀礼】
宗教的な儀式や,一定の法にのっとった礼式をさす。しかし,19世紀末以降の人文・社会科学,ことに民族学者・社会人類学者らによる調査と研究は,この言葉により深い意義と広がりとを与えた。すなわち,儀礼という行動様式は,ふだんの生活とは異なった時間と空間の中で行われ,さまざまな歌や踊り,色鮮やかな衣装飾り物などを伴って,ある場合は荘厳な雰囲気を,またある場合は陽気な喧噪状態を作りだし,日常生活の中の言語や通常の技術的道具などでは表し伝ええない,社会の連帯といった価値や,結婚・死といった重大なる事件を明確に表現し,心に強く刻みこむ働きを持つ,ということが明らかになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎらい【儀礼】
中国、儒教の経典の一。一七編。周公旦または孔子の作と伝えられる。成立は戦国末から漢初と推定される。周代から春秋時代にかけて宗教的・政治的儀礼を集録したもので、儀礼の形式を詳細に述べてある。「周礼しゆらい」「礼記」とともに「三礼さんらい」と呼ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎれい【儀礼】
一定の形式にのっとった規律ある行為・礼法。礼儀。礼式。 外交-上必要な手続き
聖なるものとかかわる慣習的・宗教的行為。 通過-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎらい【儀礼】
古代中国の儒家の経典の一つ。周代の宗教的・政治的・社会的儀礼を詳細に記述したもの。十三経の一つに数えられ、周礼(しゅらい)・礼記(らいき)とあわせて三礼と呼ばれる。周公旦が制定したと伝えられるが、実際は春秋時代あるいは戦国時代に成立したと考えられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ‐れい【儀礼】
〘名〙 身分、地位、時と場所などによって行なうべき一定の礼法。儀式。典礼。礼式。
※玉葉‐嘉応三年(1171)正月三日「建匕置盃事、是違儀礼」 〔史記‐封禅書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

儀礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

儀礼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.