Rakuten infoseek

辞書

僧正【そうじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

僧正
そうじょう
僧官の一つ。僧綱最上位。中国でも用いられていたが,の時代に僧に改められた。日本では,推 32 (624) 年に設置されたのち,,権の3階に分けられたり,あるいは従四位に配されたりしたが,現在までこの名称が用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐じょう〔‐ジヤウ〕【僧正】
僧綱(そうごう)最高位。初めは一人であったが、のちに大僧正・僧正・権(ごん)僧正の3階級に分かれ、員数も十余人に増えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうじょう【僧正】
僧官の一種。中国で後秦の姚興(ようこう)が405年ごろクマーラジーバ(鳩摩羅什)の弟子僧(そうりやく)を国内僧主に任じたのが,僧正の起源とされる。南朝に継承されて,仏教教団を統率する長官の名称とされた。唐代以後は,地方僧官の一つになった。また9,10世紀の敦煌文書中にも,都僧統司の下級僧官として多くあらわれる。日本では,624年(推古32)に僧綱が設けられ,観勒を僧正に任じたのに始まり,明治初年の僧官廃止までおおむね設置された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうじょう【僧正】
僧綱そうごうの最高位。僧都そうず・律師の上に位し、僧尼を統轄する。のち、大・正・権ごんの三階級に分かれる。
現在では、各宗の僧階の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐じょう ‥ジャウ【僧正】
〘名〙
① 僧官僧綱の最上位。また、その人。はじめは推古紀に見えて一人であったが、のちに大僧正・僧正・権僧正の三階級に分かれ、人数も一〇余人にふえた。大僧正は二位大納言に、僧正は二位中納言に、権僧正は三位参議に准ぜられた。さらに後世は、各宗派の僧階としてこの称を用いるようになった。
※書紀(720)推古三二年四月(岩崎本訓)「故今より已後、僧正〈去、平声点。音読〉僧都〈去、上声点〉を任(め)して仍て僧尼を校検すべし」
※源氏(1001‐14頃)橋姫「気遠げなる宿徳(しうとく)の僧都そう正のきはは、世に、暇なくきすぐにて」
② 「ビショップ①」の訳語。
※さまよへる猶太人(1917)〈芥川龍之介〉「シュレスウイッヒの僧正パウル・フォン・アイツェンと云ふ男が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僧正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僧正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.