Rakuten infoseek

辞書

僧形八幡【ソウギョウハチマン】

デジタル大辞泉

そうぎょう‐はちまん〔ソウギヤウ‐〕【僧形八×幡】
本地垂迹(ほんじすいじゃく)思想によって作り出された僧姿の八幡神像。一般に、座して錫杖(しゃくじょう)を持つ。平安初期以降、多くの彫像・画像が作られた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぎょうはちまん【僧形八幡】
神仏習合によって成立した八幡神の像。神像衣冠を整えた俗体で表現されることが多いが,八幡神の場合は老比丘(びく)の姿をとり,僧形神像の典型である。奈良朝末期の神仏習合の初期段階で,神も人間と同じように宿業をもち,解脱を仏法に求めると考えられた。このように神の出家によって神仏関係が調和されると同時に,神の姿は出家僧としてとらえられ,造形化されるようになった。783年(延暦2)に八幡神は菩薩号を奉られているので,僧形八幡の発生はこれより後である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぎょうはちまん【僧形八幡】
僧形をした八幡大菩薩の像。本地垂迹すいじやくの思想に基づいて作られた神像。薬師寺・東大寺のものが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僧形八幡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僧形八幡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.