Rakuten infoseek

辞書

僧位【そうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

僧位
そうい
僧の智徳学識,年齢によって朝廷から授けられる位階天平宝字4 (760) 年良弁 (ろうべん) の奏請によって僧綱職に官位をあてはめて四位十三階の僧位が定められたのが始りで,1873年に廃止されるまで続いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐い〔‐ヰ〕【僧位】
智徳年戒によって僧に与えられる位階。天平宝字4年(760)、大法師位を最高位に、その下に伝灯修行二色を置き、それぞれ法師位・満位・住位・入位の四位を設け二色九階が制定された。のち、修行位が廃絶。貞観6年(864)にはその上に法印和尚(ほういんだいおしょう)位・法眼(ほうげん)和尚位・法橋(ほっきょう)上人位の三階が設けられ、それぞれ僧正僧都律師階位とされた。のちには仏師や経師、医師などにも授けられたが、明治6年(1873)に廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうい【僧位】
僧に与えられた位階。7世紀末から8世紀中ごろには師位,半位,複位の名称が見えるが,760年(天平宝字4)良弁(ろうべん)らは奏上して賢大法師位(けんだいほつしい)を最上としてその下に伝灯,修学,修行,誦持(じゆじ)の系列ごとの大法師位,法師位,満位(まんい)からなる〈四位十三階〉の制定をもとめた(各系列にはさらに住位,入位があった)。しかし全位にわたっては施行されず,8世紀末になると賢大法師位はなくなり,伝灯,修学,修行の3系列にそれぞれ大法師位,法師位,満位,住位,入位の5級に整備された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうい【僧位】
朝廷が僧侶に授ける位階。760年大法師位を最高に伝灯位・修行位の二色を置き、これに法師位・満位・住位・入位の四階を配した二色九階が定められた。864年には僧綱そうごうの位階として法印大和尚位・法眼和尚位・法橋上人位の三階を定め、それぞれ僧綱の僧正・僧都・律師に相当させた。のちには、絵師・医師などにも僧位を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

僧位
そうい
僧の位階の意。日本特有の制度であって、僧の智徳(ちとく)や学識に応じて位が与えられた。760年(天平宝字4)大僧都(だいそうず)良弁(ろうべん)、小僧都慈訓(じくん)、律師(りっし)法進(ほうしん)らの奏請によって初めて四位十三階の僧位が定められた。光仁(こうにん)天皇(在位770~781)のとき、僧綱(そうごう)職を官位にあて、僧正(そうじょう)を従(じゅ)四位、僧都を正五位、律師を従五位に配した。さらに桓武(かんむ)天皇(在位781~806)のとき、無位(むい)、入位(にゅうい)、住位(じゅうい)、満位(まんい)、法師位(ほうしい)、大法師位(だいほうしい)の六位が定められ、官位の八位からしだいに三位までに配した。864年(貞観6)には、法橋上人(ほうきょうしょうにん)位、法眼和尚(ほうげんおしょう)位、法印(ほういん)大和尚位の三階が設けられ、法印大和尚位を僧正階に、法眼和尚位を僧都階に、法橋上人位を律師階に配した。江戸時代になると、僧位は天台・真言(しんごん)宗などに限られ、叙任(じょにん)奏請の規定もそれぞれに異なった。1873年(明治6)太政官布達(だじょうかんふたつ)により僧位の制は廃止され、その後は管長制度が設けられ、各宗派により僧正・僧都などの称号を設け、その高下によって僧の座の次第が定められるようになった。[望月良晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐い ‥ヰ【僧位】
〘名〙 天皇から有徳の僧などに授ける位階。古くは伝灯・修行の二位にそれぞれ入・住・満および法師の四階を立て、それに大法師位を加えた九階で、大法師位・伝灯法師位・伝灯満位・伝灯住位・伝灯入位・修行法師位・修行満位・修行住位・修行入位の九つ。のち、修行位を廃したため、僧綱との別を明らかにする必要から、貞観六年(八六四)、法橋・法眼・法印の三階が設けられた。僧階。
※三代格‐三・貞観六年(864)二月一六日「右被右大臣宣偁。奉勅。国典所載。僧位之制」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僧位」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僧位の関連情報

他サービスで検索

「僧位」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.