Rakuten infoseek

辞書

僦馬の党【しゅうばのとう】

世界大百科事典 第2版

しゅうばのとう【僦馬の党】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

馬の党
しゅうばのとう
9世紀末の坂東(ばんどう)諸国で「強盗」として蜂起(ほうき)した駄馬輸送業者集団。899年(昌泰2)9月の太政官符(だいじょうかんぷ)(『類聚三代格(るいじゅうさんだいきゃく)』)にみえる。当時、坂東諸国の「富豪の輩(やから)」で駄馬をもって物資運送に従事する者は、駄馬の略奪を事とし、東山道(とうさんどう)の駄を盗んで東海道で使い、東海道の馬を掠(かす)めて東山道に赴き、1疋(ぴき)の駄馬のため百姓(ひゃくせい)の命を害し、ついに群党を結んで凶賊となったという。こうして坂東諸国の追討を受けた党類が東海・東山道方面に逃走するのを封じるため、相模(さがみ)国(神奈川県)足柄(あしがら)坂と上野(こうずけ)国(群馬県)碓氷(うすい)坂に関を設け通行者の検問を行うことが命じられている。当時頻発した東国の群党蜂起の事例で、承平(じょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱の一前提となった。[戸田芳実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僦馬の党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

僦馬の党の関連情報

他サービスで検索

「僦馬の党」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.