Rakuten infoseek

辞書

債権質【さいけんしち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

債権質
さいけんしち
Forderungspfandrecht
債権のうえに成立する質権権利質の一種。無体の権利の上に設定される関係で,特別な場合を除いて留置的機能をもたないなど,多くの点で動産や不動産質と異なる。譲渡可能なあらゆる債権に設定でき,一般には債権証書がある場合は証書の交付が設定の要件であるが (民法 363) ,債権証書がない場合は契約だけで設定できる。対抗要件は,指名債権質,指図債権質など債権の種類によって異なる (364~366条) 。なお,債権のうちでも動産とみなされる無記名債権のうえに成立する質権は,動産質と同じ取扱いを受ける。また,電話加入権のうえの質権については特別法が制定されている (電話加入権質に関する臨時特例法) 。債権質は,定期預金債権や損害保険金請求権などについてしばしば利用され,前者は銀行取引で,後者は抵当権者が抵当目的物に対する物上代位の権利を保全するために用いられるものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいけん‐しち【債権質】
権利質の一。債権を目的とする質権

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいけんじち【債権質】
権利質の一種。債権質の目的となりうるものは譲渡可能な債権でなければならない(民法362条1項)。一般に債権は譲渡しうるものであるが(466条1項),(1)法律上処分することや担保に供することが禁じられている債権(例,扶養を受ける権利―881条),(2)譲渡につき債務者の承諾を得られない債権(例,賃借権―612条),(3)譲渡禁止特約のある債権で質権者がそのことを知っている場合(466条2項),(4)一定の公共的金融機関以外の者がその質権者となる場合の電話加入権などは,質権を設定しえない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいけんしち【債権質】
債権を目的とする質権。権利質の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

債権質
さいけんしち
債権を目的とする質権で、権利質の一種。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいけん‐しち【債権質】
〘名〙 権利質の一つ。債権を目的とする質権。留置的効力をもたない点で動産質と異なる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債権質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

債権質の関連情報

他サービスで検索

「債権質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.