Rakuten infoseek

辞書

債権保全火災保険【サイケンホゼンカサイホケン】

デジタル大辞泉

さいけんほぜん‐かさいほけん〔‐クワサイホケン〕【債権保全火災保険】
債権者が債務者からの抵当として設定した物件が火災などによって損害を被った際に、それを塡補する保険。債権者が契約し被保険者となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集

債権保全火災保険
金融機関等の債権者は、債権の確実な回収を図るため、債務者に対し建物等の不動産に抵当権を設定させるが、抵当権の目的物(抵当物)に火災等によって損害が生じた場合に抵当権者(=債権者)が被る損害をてん補する保険を指します。

出典:みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債権保全火災保険」の用語解説はコトバンクが提供しています。

債権保全火災保険の関連情報

他サービスで検索

「債権保全火災保険」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.