Rakuten infoseek

辞書

備讃諸島【びさんしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

備讃諸島
びさんしょとう
香川,岡山の両県に属する瀬戸内海東部の 100余の島の総称。槌ノ戸瀬戸を境に,小豆島直島のある東部分と塩飽諸島のある西部分に分れる。中新世以後に開析された溶岩台地の一部。東西方向の沈降軸と南北方向の隆起軸の交点にあり,縄文海進で島となった。花崗岩類から成る直島諸島本島,広島,六口島,粟島など,花崗岩類の上に火成砕屑岩をはさんで安山岩類を載せる小豆島,豊島,男木島,女木島佐柳島高見島などがある。平地が少く水も乏しい。段々畑を利用した農業,沿岸漁業,石材採掘を行う。倉敷市児島と坂出市の間にある櫃石島岩黒島,羽佐島,与島,三ツ子島は瀬戸大橋の架橋地。多くの島が瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びさんしょとう【備讃諸島】
瀬戸内海の播磨灘(ひうち)に挟まれた狭い海域を備讃瀬戸といい,その周辺に散在する約110の島々を備讃諸島という。小豆島豊(て)島,男木(おぎ)島,女木(めぎ)島直島諸島大槌島,小槌島,塩飽(しわく)諸島など大半は香川県(讃岐)に属し,北木島白石島高島などの笠岡諸島が岡山県(備中)に属する。これらの島々は,花コウ岩だけからなる島と,上部に安山岩をのせるテーブル形または円錐形の開析溶岩台地の島に分かれ,後者は一般に標高200~300mと高く,最高点は小豆島の星ヶ城山(817m)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

備讃諸島
びさんしょとう
瀬戸内海の中央部、岡山・香川両県間の備讃瀬戸に点在する島嶼(とうしょ)群。東から瀬戸内海第二の島小豆(しょうど)島をはじめ、豊(て)島、男木(おぎ)島、女木(めぎ)島、大槌(おおづち)島、六口(むくち)島、直島(なおしま)諸島(直島、向(むかえ)島、家(え)島、牛ヶ首島など)、塩飽(しわく)諸島(本島、牛島、広島、手島、櫃石(ひついし)島、与(よ)島、高見島など)、笠岡(かさおか)諸島(北木(きたぎ)島、白石(しらいし)島、真鍋(まなべ)島など)など165の島々からなり、岡山県に属す笠岡諸島、六口島などを除いて、大部分の島が香川県に属す。香川と岡山の県境は、江戸時代、下津井(しもつい)と塩飽島民の漁場争いでの幕府裁定の境界線に由来している。備讃瀬戸は古くから海上交通が盛んで、帆船の寄港地として繁栄した島々も多い。とくに塩飽諸島は水軍で名高く、豊臣秀吉(とよとみひでよし)、徳川家康(とくがわいえやす)から朱印状を得て、人名(にんみょう)制という自治が許された島々で、北前航路でも活躍、江戸時代前期、牛島は計5万石の帆船を所有していた。漁業、畑作農業が営まれてきたが、瀬戸内海国立公園に含まれる島々も多く、塩飽諸島の櫃石、岩黒(いわくろ)、与島などは本州四国連絡橋児島(こじま)―坂出(さかいで)ルート(瀬戸大橋)にあたり、観光開発も進んでいる。[坂口良昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備讃諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

備讃諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.