Rakuten infoseek

辞書

偽文書【ぎもんじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

偽文書
ぎもんじょ
にせの文書のこと。狭義には,文書そのものの売買など金銭目的に作られた中身もにせの文書。主に戦国時代から近世初頭にかけて作られた。鋳物師特権の由来・根拠などを示す文書が典型。文書として必ずしも正式な形態は整えていないが,それなりに機能した。広義には,自分の地位や権利を正当化するために虚偽記載をした文書も含まれる。これは謀書と呼ばれる。この場合には,文書の様式が正式のものと同じであるのはもとより,年月日,人名,花押,用語,書体書風紙質などについても正文に匹敵するよう作されている。以来,謀書の罪は重罪とされていたが,いつの時代にも作成された。ある文書が厳しい史料批判によって偽文書であることが判明しても,史料としては十分に価値を有している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎ‐ぶんしょ【偽文書】
偽造・変造した文書。また、虚偽の記載をした文書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎもんじょ【偽文書】
偽造された文書,虚偽を記載した文書をいう。
[日本]
 文書の偽造は〈律〉では盗に准ずとされ,《御成敗式目》でも〈謀書(ぼうしよ)〉の罪は侍の場合,所領没収ないし遠流(おんる),凡下(ぼんげ)は火印を面におすこととし,江戸時代も主謀者は引回しの上で獄門,共犯者も死罪と定められていた。しかし偽文書は時代をこえて作成され,現在まで多くの偽文書が伝来している。それゆえ,様式,年月日,人名,花押,用語,書風,紙質等の諸要素の十分な吟味による文書の真贋の判定は,古文書学の発達ともかかわる歴史学の基礎的手続といってよい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎぶんしょ【偽文書】
偽造・変造した、または虚偽の記載のある文書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

偽文書
ぎもんじょ
ある目的をもって偽作された文書のこと。文書の機能に即して偽作されたものはとくに謀書(ぼうしょ)といい、古くは「律」の規定をはじめとして、「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」、江戸時代の「御定書(おさだめがき)」においても禁じられ、破れば厳罰に処せられた。これに対して、文書の機能そのものよりも、その記載内容あるいは骨董品(こっとうひん)としての文書に重点を置いて偽作される場合がある。たとえば鋳物師(いもじ)をはじめ各種の手工業者・商人から芸能民に至るまでの人々が、その特権の由来・根拠を示すものとして、戦国時代から近世初頭にかけて多数の文書を偽作している。また自己の家系を飾り、家の面目を保つために系図や文書を買い、好古趣味から過去の著名人の筆跡を集める場合などにも多様な形で偽文書がみられる。[上島 有]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ‐ぶんしょ【偽文書】
〘名〙 偽造または変造した文書。また、虚偽を記載した文書。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偽文書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偽文書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.