Rakuten infoseek

辞書

【カワ】

デジタル大辞泉

かわ〔かは〕【側】
物の一つの方向・方面。一面。「家の西の」「左っの目が痛い」
相対するものの一方。「労働者のに立つ」
物のまわりを取り囲んだり覆ったりしているもの。「時計の
列。並び。「右寄りの二に女子が座る」→がわ(側)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がわ〔がは〕【側】
かわ(側)1」に同じ。「向こうに渡る」「北の窓」
かわ(側)2」に同じ。「演じると見る」「消費者に立った意見」
かわ(側)3」に同じ。「金のの時計」
周囲の人。かたわら。はた。「当人よりもがうるさい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【側】[漢字項目]
[音]ソク(漢) [訓]がわ そば そばめる
学習漢字]4年
〈ソク〉
そば。かたわら。「側近側室君側
片方に寄った所。横の面。「側壁側面舷側(げんそく)左側体側
片方に寄せる。傾ける。そばめる。「側目反側
かたよって。ほのかに。「側聞
〈がわ(かわ)〉「裏側縁側帯側片側金側左側

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そば【側/傍】
空間の隔たりがあまりない所。近く。「駅の―の交番」
その動詞の表す動作・状態と時間の隔たりがないことを表す語。すぐそのあと。するとすぐ。「作る―から食べる」
[用法]そば・わき――「そば」は、その物から全方向の距離を示すが、「わき」はその物から左右の距離を示す。したがって、「わき」が「そば」に含まれてしまう場合には、たとえば「歩いている人のそば(わき)を自転車が通り過ぎた」のように相通じて用いられる。◇「先生の家のそばまで来て迷ってしまった」の「そば」は、その物からやや離れた周辺までを意味する。「わき」は、「ポストは売店のわきにある」のように、すぐ横にあることを意味する。「耳のわきのほくろ」は、耳の横にあることをいう。◇「近く」は、「そば」とほとんど違いはない。「近く(そば)まで来たので寄ってみた」では、「近く」の方が「そば」よりもやや範囲が広いといえよう。◇類似の語「かたわら」は文章語的である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かわ【側】
[2] ( 名 )
相対するものの一方の面。 「南の-の斜面」 「川のこちらの-」
対立するものの一方の立場。 「被害者の-に立って考える」
列をなすもののそれぞれの列。 「この-の人は立ちなさい」
名詞の下に付いて、相対するものの一方の面であることを表す。 「南っ-」 「上っ-」
( 接尾 )
助数詞。列を数えるのに用いる。列。 「窓に近い二ふた-の席は暖かい」 「三-目中央の客席」 → がわ(側)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がわ【側】
かわ(側)」に同じ。
曲面をなすものの周囲、または周囲を包んでいるもの。 「 -がプラチナの時計」
まわりの人。はた。 「本人より-が大騒ぎする」
(名詞に付いて)
かわ(側)」に同じ。 「北-」 「下-」
対立するものの一方の立場であることを表す。 「弁護-の証人」
曲面をなすものの周囲、または周囲を包む意を表す。 「金-の腕時計」 「桶おけ-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【側】
永字八法えいじはつぽうの第一筆の点。 → 永字八法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわ かは【側】
〘名〙 (「がわ」とも)
① 物事の一つの面、方向、立場。また、そのような面、方向、立場などにあるものや人。
※温故知新書(1484)「外 カハ 方異」
※湯島詣(1899)〈泉鏡花〉一四「知れては身分に係はるといった側(カハ)が、ちょいちょい懐手で出入する」
② まるく輪をなした、もののまわり。また、輪をなして、囲んでいるもの。
※温故知新書(1484)「外輪 カワ 器」
※天草本伊曾保(1593)狐と野牛の事「マエアシヲ イノ cauani(カワニ) ナゲカケ」
③ =かわ(皮)
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「銀座では三越ががわだけのがらんどうとなり」
④ 俳諧、狂歌などの、流派仲間、社中。
※人情本・婦女今川(1826‐28)八「『アノ二物(にぶつ)とかいふ坊さまは狂歌師かの』『しかも名人サ。私などの側(カハ)さネ』」
⑤ そば。かたわら。
※紐育(1914)〈原田棟一郎〉婦人と米国政界「さう側(ガハ)で見るやうな容易(たやす)い仕事ではない」
⑥ 賭博(とばく)で、胴親と対立して勝負をする者。
※浄瑠璃・大塔宮曦鎧(1723)一「白髪交りがまく骨牌(かるた)、かはは川越播摩守、六々八の引張り牌(ふだ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がわ がは【側】
〘名〙 ⇒かわ(側)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そく【側】
〘名〙 永字八法の一つ。第一画の点。
※和漢三才図会(1712)一五「側〈略〉点之祖永字第一筆。不平」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そば‐・む【側】
[1] 〘自マ四〙
① 横を向く。わきを向く。横向きになる。
※落窪(10C後)一「しろき衣の萎えたると見ゆる著て、〈略〉そばみてあれば、顔は見えず」
② かたわらに寄る。隅の方に寄る。恥じらいや、遠慮がちなようすにいう。
※源氏(1001‐14頃)野分「柱隠れにすこしそはみ給へりつるを、引寄せ給へるに」
③ 顔をそむけてうらみなげく。うらむ。ひがむ。すねる。
※蜻蛉(974頃)下「我なかはそばみぬるかとおもふまでみきとばかりもけしきばむかな」
④ かたよる。偏する。また、正道や本筋をはずれる。わきへそれる。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「歌も、ことさらめき、そばみたる古言どもを選りて」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒そばめる(側)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そば‐・める【側】
〘他マ下一〙 そば・む 〘他マ下二〙
① 横へ向ける。身体や視線をわきへ向ける。そむける。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「ひきつくろひ、そばめたるうはべをのみこそ見給へ」
② わきへ寄せる。わきに引き寄せる。横へ押しやる。
※平治(1220頃か)上「兵共も大きにおそれ奉り、弓をひらめ、矢をそばめてとほし奉る」
③ じゃまにする。のけものにする。ものの中枢からはずす。→め(目)をそばめる
※類従本撰集抄(1250頃)一「浮世中の草かくれ、跡なきまでも、我をそはむるわざなかれと也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

側の関連情報

他サービスで検索

「側」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.