Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

側室【そくしつ】

世界大百科事典 第2版

そくしつ【側室】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

側室
そくしつ

将軍、大名のように地位・身分の高い人の妾(めかけ)をいう。儒教の道徳思想から祖先の祭祀(さいし)を絶やさぬため、多く公認された。将軍、大名ともその側室は臣下の待遇を受け、正室との間も主従関係にあった。将軍の側室の場合、男児を生めば御部屋様、女児なら御腹様とよばれ、名前は「何の方(かた)」と「方」づきになり、家来からは主人なみに扱われた。江戸時代、大名は参勤交代で江戸と国元を往復したが、正室を証人として江戸屋敷に残し、国元には側室、つまり「御国御前(おくにごぜん)」を置いた。そのため家督相続をめぐって御家(おいえ)騒動が絶えず、大名家では原則的に側室に権力をもたせない仕組みであった。側室は30歳になると「御褥御断(おしとねおことわ)り」といって、寝所をともにするのを辞退した。

[稲垣史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そく‐しつ【側室】
〘名〙
① 次男以下の男子。嫡子以外の男子。〔春秋左伝‐桓公二年〕
② 貴人のめかけ。妾(しょう)。そばめ。
※随筆・秉燭譚(1729)三「側室とは門側の居をいふ。〈略〉妾のことをいふ。いづれも門側の居より転じ用るなるべし」 〔漢書‐南王伝〕
③ おもだった部屋に添えられた部屋。次の間。副室。
※風立ちぬ(1936‐38)〈堀辰雄〉風立ちぬ「附添人のために宛てられた狭苦しい側室にはひらうともしないで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そく‐しつ【側室】
貴人のめかけ。そばめ。⇔正室嫡室

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

側室」の用語解説はコトバンクが提供しています。

側室の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.