Rakuten infoseek

辞書

【テイ】

デジタル大辞泉

てい【停】[漢字項目]
[音]テイ(漢) チョウ(チャウ)(慣) [訓]とまる とどまる とめる とどめる
学習漢字]4年
じっと一所にとまって進まない。とめる。「停止(ていし)停車停滞停頓(ていとん)停泊停留
一時的にやめる。中止する。「停学停職停戦停電調停
[名のり]とどむ
[難読]停止(ちょうじ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐・ず チャウ‥【停】
〘他サ変〙 やめる。
俳諧・父の終焉日記(1801)五月一三日「もし死れたらんにさまで好まれしを停じて、後に悔るともかひなからん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とどみ【停】
〘名〙 潮が満ちとどまっていること。また、その時。満潮。潮合
万葉(8C後)九・一七八〇「夕潮の 満ちの登等美(トドミ)に み船子を 率(あども)ひたてて」
[補注]挙例「万葉‐一七八〇」の「とどみ」の「み(美)」は甲類音であるから、上二段動詞「とどむ」の連用形の名詞化とはいえない。四段活用の「とどむ」が存在して、その連用形の名詞化とする説もある。万葉例を「ととみ」と訓み、肥える意の「ととう(肥)」と同語源かとする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

停の関連情報

他サービスで検索

「停」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.